ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。



セブンネット読書女子

INTERVIEW14

アーティストSCANDAL

Interview 14 アーティスト SCANDAL

“読書は、ひとりの時間を有意義にしてくれる”(RINAさん)

写真左から/TOMOMIさん(B, Vo)、MAMIさん(G, Vo)、HARUNAさん(Vo, G)、RINAさん(Dr, Vo)

日常の出来事や、その時の心境を“音楽の種”に、メンバー自身で作詞、作曲を手掛けるガールズバンド、SCANDAL。2月12日には、新曲を含む全11曲を収録したニューアルバム『Kiss from the darkness』をリリース。うち一曲『Fuzzy』は、ある小説から受けたインスピレーションが散りばめられたという。

TOMOMIさん RINAさん

「実は、デジタルシングルの『Fuzzy』は、私が大好きな本『いつか別れる。でもそれは今日ではない』(著・F)からイメージを膨らませて歌詞を考えました。ただ、私にとっての読書は、移動や入浴中、寝る前など、ひとりの時間を有意義にする趣味の要素が強いので、作詞のインスピレーションソースにしたのはこれが初めて!2015年頃から、楽曲の作詞や作曲を自分たちで行なうようになって、日常に溢れる物事をすべて“音楽の種”と捉えるようになった結果なのかもしれません」(RINAさん)

良いことも、悪いことも、心を揺さぶられた経験を音楽活動に活かしていく彼女たち。まだ知らぬ世界に触れたいと願う好奇心が、次への原動力となっている。

「振り返ると、学生時代から同級生が知らないカルチャーを掘ることにちょっとした優越感がありました。きっかけは高校生の時に手に取った、大槻ケンヂさんの小説『グミ・チョコレート・パイン』。アンダーグラウンドなロックや、B級のホラー映画といった偏ったカルチャーが好きな主人公のお話で、当時レッチリ(レッド・ホット・チリ・ペッパーズの略称)も知らなかった私にとっては、知らないことばかり。これを読了してから、“人と違う価値観を持つと何か面白いことができるかもしれない”と信じているサブカル男子たちの気持ちが分かって。自分だけが知るカルチャーや知識をまわりに話した時に、“何それ?”って聞かれることが嬉しかったんです(笑)」(TOMOMIさん)

MAMIさん

“産みの苦しみがあるから、また充実感が味わえる”(MAMIさん)

新たな刺激を求めることの積み重ねが、今の彼女たちを形作っている。今回のアルバム制作においても、まだ知らぬ景色を見るための大きなチャレンジがあったようだ。

「長い時間がかかって、正直、楽しいことばかりではなかったです。産みの苦しみというか、胸が締めつけられるくらい大変なこともありました。ただ、そういった過程があるから、完成後の快感や喜びはひとしお。バンドにとっても、私自身も、大きく成長できたターニングポイントになりました」(MAMIさん)

HARUNAさん

“メンバーの想いを、代弁するつもりで歌い続ける”(HARUNAさん)

ただ、今作の完成はあくまでも通過点。3月からは、次の目標に向けてワールドツアーがスタートする。

「3月7日の神奈川県・厚木市文化会館・大ホールを皮切りに、約一年間に渡るワールドツアーが始まります。今は、メンバーの想いが詰まった詩を歌声に乗せて表現することが凄く楽しい。歌を通じて“演じ甲斐”があるし、自分のなかにはない感情も引き出してくれる…これも、私にとっての成長だと思います。SCANDALの音楽を楽しみに待っている人たちに、今の私たちの姿を早く届けたいです」(HARUNAさん)

今月のセブンネット読書女子、SCANDALの選書3冊今月のセブンネット読書女子、SCANDALの選書3冊

おすすめの3冊はポイント10倍!

いつか別れる。でもそれは今日ではない

F

“寂しい”と素直に言えなくなった、すべての大人のためのエッセイ65篇を収録。「Twitterで人気に火がついた、作家・Fさんの代表作です。言葉選び、テンポも私好みで。大好きな人に出会ったのに、人はなぜ別れてしまうのか。“あぁ 苦しくて、切なくて、愛おしい”という10代、20代の気持ちを代弁している一冊です」(RINAさん)

作品の詳細はこちら

グミ・チョコレート・パイン

大槻ケンヂ

「私のサブカルの扉を開けてくれたのが、この一冊です。どちらかというと、中学時代にイケていなかった人たちの話なんですが、ある分野への偏愛っぷりが凄まじくて、格好いい。自分の知識をできるだけ難しい言葉で話して、優越感に浸り、後からその恥ずかしさを知る、あの感覚。時代背景は違っても、きっと誰もが共感できる内容だと思います」(TOMOMIさん)

作品の詳細はこちら

捨てられないTシャツ

都築響一

「一般募集で集めた“捨てられないTシャツ”と、それにまつわる70人のエピソードが収録されています。なかでも印象深いのが、ラモーンズの来日ライブに行った女の子のTシャツ。パッと見は、パンクなデザインじゃないのに、エピソードを知るとパンクな一枚に見えてくる。詳しくは、ぜひ読んでほしいです」(TOMOMIさん)

作品の詳細はこちら
本を探す

今月のピックアップ情報今月のピックアップ情報

NEW ALBUM『Kiss from the darkness』2月12日リリース
セブンネット限定特典付きにて予約受付中!

プライベートレーベル“her”より第1弾アルバム『Kiss from the darkness』のリリースが決定!!“her”を設立してからのシングル曲「マスターピース」「まばたき」「Fuzzy」「最終兵器、君」を含む全11曲を収録。さらにアルバムを引っさげて3月からワールドツアーも決定!!

official HP:https://www.scandal-4.com/

今月のスペシャルインタビュー今月のスペシャルインタビュー

セブンネット読書女子プロフィールセブンネット読書女子プロフィール

SCANDAL

SCANDAL

2006年、大阪・京橋で結成。2008年にシングル「DOLL」でメジャーデビュー。翌2009年にはシングル「少女S」がレコード大賞新人賞を受賞。国内外問わずに多くのフォロワーを持ち、世界中でコンサートを行なっている。近年ではファッションアイコンとしても注目を集め、自身のアパレルブランド"Feedback!"をプロデュース。2019年にはプライベートレーベル"her"を設立するなど、名実ともに日本を代表するガールズバンド。

セブンネット読書女子とは?

なんだか知的でスマートな印象がある『読書』。本を一冊読むと、それ以前より、ちょっと世界が広く見える『読書』。移動中のバスや電車、ひとりカフェ、旅の途中…、取り入れ方は人それぞれ。本を通して、自分と向き合う“読書女子”を応援するのが、「セブンネット読書女子」。本がさらに好きになる情報や、お得なキャンペーンをお届けします。

セブンネット読書女子一覧

深川麻衣さん

INTERVIEW

女優深川麻衣さん

“書き手の人柄や経験が紡がれた、「言葉の力」のある文章に引き込まれていく”

今泉佑唯さん

INTERVIEW

SKE48須田亜香里さん&大場美奈さん

“人の経験をギュッとまとめた一冊を、私の人生入門書にしたい”

今泉佑唯さん

INTERVIEW

女優今泉佑唯さん

“静かな時間を過ごせる書店は、都会の憩いの場!”

葵わかなさん

INTERVIEW

女優葵わかなさん

“目をつぶると、頭に素敵な映像が浮かんでくる”

飯豊まりえさん

INTERVIEW

女優飯豊まりえさん

“いつも励みになる、人生の教科書”

木村カエラさん

INTERVIEW

歌手木村カエラさん

“いつも本が、背中を押してくれる”

家入レオさん

INTERVIEW

シンガーソングライター家入レオさん

“自分の言葉を紡ぐ、それも本のおかげ”

高山一実さん

INTERVIEW

乃木坂46高山一実さん

“本を通じて、物事を客観的に捉えられるようになった”

平祐奈さん

INTERVIEW

女優平祐奈さん

“まだ二十歳!たくさんの素敵な本に、これからもっと出会いたい”

mireiさん

INTERVIEW

モデルmireiさん

“胸がキュンキュンするトキメキを求めて、本が手放せない”

市川美織さん

INTERVIEW

女優・タレント市川美織さん

“昔は本が苦手で、細かい文字を見ると、よく目をまわしていました”

吉田志織さん

INTERVIEW

女優吉田志織さん

“読書体験と女優という仕事は、つながってるなぁって思います”

足立佳奈さん

INTERVIEW

シンガーソングライター足立佳奈さん

“想像を膨らませる読書体験が、作詞にも生きる”

セブンネットショッピングが読書におすすめな理由

※一部上記サービス対象外の店舗や24時間営業でない店舗がございます。
※電子マネーnanaco決済時のW(ダブル)ポイントは、ご注文時とお支払い時の2回に分けての付与となります。(付与タイミングは異なります。)

詳しくはこちら

ページの先頭へ