ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • Mug Cakes マグケーキbook

  • Mug Cakes マグケーキbook

Mug Cakes マグケーキbook

  • ミマ・シンクレア/著 瀬戸由美子/訳 シンクレア,ミマ(Sinclair,Mima)
    ロンドンを拠点に活動する、人気のフードスタイリスト&フードライター。イギリスの大手スーパーマーケット、セインズベリーが発行する『セインズベリーズマガジン』をはじめ数多くの料理書で、制作、試作、記事執筆、レシピ開発を行い、一流シェフとのコラボレーションにも多数参加。フリーランスに転向後はさらに活動の場を広げ、料理関連の広告、出版、映像のほか、食のトータルプロデュースも数多く手掛ける

  • ISBN
    978-4-537-21316-4
  • 発売日
    2015年10月

1,200 (税込:1,296

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 超カンタン!マグカップ&電子レンジであっという間につくれちゃうケーキのレシピブック。イギリスで大人気、11ヶ国で刊行され、これまで累計15万部。フォークでぐるぐる混ぜるだけで、ふわっもちっ&オシャレな本格ケーキができます。
目次
1 CLASSICS―基本のマグケーキ(チョコレート&ピーナッツバター
キャロットケーキ ほか)
2 OCCASIONS―季節&特別な日のマグケーキ(ブラックフォレストケーキ
サプライズバースデーケーキ ほか)
3 HAPPY HOUR―カクテルみたいなマグケーキ(ピナコラーダ
コーラフロート ほか)
4 TREATS&PUDS―とっておきのスイーツをマグケーキで(塩キャラメル&チョコレート
ラミントン ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Mug Cakes
対象年齢 一般

商品のおすすめ

マグカップ&電子レンジであっという間につくれちゃうケーキのレシピブック。イギリス発、11か国で刊行、ヨーロッパで大人気! 作り方はとってもかんたん、マグカップに入れた材料を、フォークでぐるぐる混ぜるだけ。あとはレンジでチン! ふわっもちっ&オシャレな本格ケーキができます。

作り手の思い

ポイント1 簡単すぎ! ケーキの常識は一切必要ありません!
ケーキのめんどくさいポイントといえば、オーブン(まずオーブンっていうのがなんか無理、予熱?なにそれ)・特殊な道具(しかも結構いろいろ使うから洗い物も大量に)・厳しすぎる材料(買うの高い、量るの面倒、大体使いきれないし……)・修行のようなプロセス(ちょっといい加減にやると失敗、早く食べたいのに寝かせるとか焼くとかなんなの?)、とにかくいろいろ。
この本で紹介するマグケーキなら、全部いりません。本書はイギリス発、ヨーロッパで大人気のマグカップでつくるケーキの本。15万部をこえるヒットになった一冊です。マグケーキで必要なのは、マグカップとフォークだけ。材料は計量スプーンですくうだけ。作り方もカンタン。材料入れる⇒フォークでぐるぐる、で完了。あとはレンジでチン! コンビニで買ったお弁当をあたためるのと一緒です。時間も2分30秒、コンビニのお弁当と一緒。道具も材料も手間も時間も、超シンプル。それがマグケーキなのです。

ポイント2 おなじみのケーキがすぐに作れる!
安かろう悪かろうじゃないけれど、カンタンってことは、できるものもそれなりなんじゃないの? なんていう人、そんなことはありません。
キャロットケーキ、ジンジャーブレッド、チョコレートブラウニー、フォンダンショコラ、バナナブレッド、ブルーベリーマフィン、チーズケーキにアップサイドダウンケーキ。ヨーロッパの映画や本で一度は主人公たちがおいしそうに食べていた、あるいはスイーツショップでおなじみのケーキが勢ぞろい。それが10分足らずでできちゃうなんて素敵ですよね。しかもどれも本格派なのに、ささっと作れるなんてますます素敵。
マグカップひとつから作れるので、ひとり暮らしにもぴったり。シンプルなプロセスで、いつもの電子レンジで作れるから、子どもと一緒に作るのも〇。

ポイント3 こんなケーキ見たことない! アイディアレシピ
あこがれケーキだけじゃありません。この本だけのオリジナルレシピもいっぱい。
オススメはカクテルみたいなケーキたち。ギネス(黒ビール)を使ったケーキは、見た目もビールそのもの、とってもユニークな一品。ピニャコラーダやモヒートなんて有名なカクテルもケーキに変身。
さらに、特別な日もマグケーキで演出しては? イベントのケーキなんておおがかりで大変なもの、というイメージはありませんか?本書にはハロウィンやクリスマス、大事な友だちの誕生日にぴったりのケーキも。
オーストラリア発祥のスイーツ「ラミントン」(イギリスの学園祭で人気なんですって)や、アメリカのキャンプファイヤーでは欠かせない、焼きマシュマロ&チョコレートをクラッカーではさんだ「スモア」風ケーキ(映画のサマースクールのシーンなんかで見かけた人も多いのでは?)などなど、日本ではなかなかお目にかかれないおもしろいスイーツも紹介しています。

ページの先頭へ

閉じる

  • Mug Cakes マグケーキbook
  • Mug Cakes マグケーキbook

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中