ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • チーム・ブライアン新たな旅(入荷予約)
  • チーム・ブライアン新たな旅(入荷予約)

  • チーム・ブライアン新たな旅(入荷予約)
  • チーム・ブライアン新たな旅(入荷予約)

予約商品

チーム・ブライアン新たな旅(入荷予約)

  • ブライアン・オーサー/著 樋口豊/監修 野口美惠/構成・翻訳 オーサー,ブライアン(Orser,Brian)
    フィギュアスケートコーチ。1961年カナダ生まれ。フィギュアスケート男子シングルの選手として、1984年サラエボオリンピック、1988年カルガリーオリンピックの2大会連続で銀メダルを獲得したスーパースター。引退後はプロスケーターとして人気を博し、2006年、キム・ヨナの指導をきっかけにコーチに専任した。現在はカナダのトロント・クリケット・スケーティング&カーリングクラブを拠点に、男子シングルの羽生結弦、ハビエル・フェルナンデス、ジェイソン・ブラウン、チャ・ジュンファン、女子シングルのエフゲニア・メドベージェワらの指導にあたる。キムが2010年バンクーバーオリンピックで金メダル、羽生が2014年ソチオリンピックと2018年平昌オリンピックの2大会連続で金メダルを獲得した

    樋口 豊
    フィギュアスケートコーチ、振付師、解説者。1949年東京生まれ。フィギュアスケート男子シングルの選手として、1968年グルノーブルオリンピック、1972年札幌オリンピック日本代表。全日本選手権では1969年大会から1971年大会まで3連覇。1968年から1971年までトロント・クリケット・スケーティング&カーリングクラブのメンバー。1972年世界選手権後に現役引退。現在は明治神宮外苑アイススケート場ヘッドコーチを務めると共に、テレビ解説も

    野口 美惠
    スポーツ・ジャーナリスト、元毎日新聞記者。自身のフィギュアスケート経験と審判資格をもとに、ルールや技術に正確な記事を執筆。トロント・クリケット・スケーティング&カーリングクラブの夏季メンバーでもある

  • ページ数
    250p
  • ISBN
    978-4-06-512366-9
  • 予約発売日
    2018年11月下旬

※11月中旬頃入荷予定です。お届け日が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ソチ後、平昌までの羽生結弦の苦闘を、名コーチが語る。『チーム・ブライアン 300点伝説』大改訂新版。
  • ※発売日が変更になりました
    11月中旬→11月下旬
目次
第1章 平昌への始動―2014‐2015年シーズン(進化する時間はたっぷりある
フリーはユヅルの選択で、ショートは計画的に ほか)
第2章 2人の王者、2人の戦友―2015‐2016年シーズン(トップスケーターの自覚
動揺か冷静か、4回転ルッツ ほか)
第3章 プレオリンピック―2016‐2017年シーズン(オリンピックを意識した曲選び
ユヅルの4回転ループはまず怪我のリハビリとして ほか)
第4章 平昌オリンピック―2017‐2018年シーズン(挑戦者としてではない戦い
同じ曲でも攻めの演技内容 ほか)
第5章 エフゲニアとジェイソン(エフゲニア・メドベージェワとの面会
変化のための忍耐の時期 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。
予約注文のお客様へ クレジットカードをご利用の場合、有効期限のご確認をお願いいたします。
商品出荷の時点でクレジットカードの有効期限が過ぎているまたは、ご利用限度額に達していた等の場合、
カード会社の承認がおりず、キャンセルとなりますのでご注意ください。
※商品によっては、クレジットカードでの決済ができない場合がございます。

商品のおすすめ

何度でも味わいたい、全身がふるえるほどの、平昌のあの感動。
ソチ後、平昌までの羽生結弦の軌跡を、名コーチが語り尽くす。

前作『チーム・ブライアン 300点伝説』を大幅改訂するとともに、前作刊行後、平昌オリンピックで羽生結弦選手が男子シングル2連覇の偉業を達成するまでの知られざる苦闘を、その軌跡をもっともよく知る著者が新たに語る。また、エフゲニア・メドベージェワ、ジェイソン・ブラウン両選手がチームに加わった経緯、羽生選手たち「チーム・ブライアン」の新シーズンとその後の夢についてもおおいに語った。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中