ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ステータス症候群 社会格差という病

  • ステータス症候群 社会格差という病

ステータス症候群 社会格差という病

  • マイケル・マーモット/著 鏡森定信/監訳 橋本英樹/監訳 マーモット,マイケル(Marmot,Michael)
    ロンドン大学疫学・公衆衛生学教授、国際健康社会研究所所長、英国最適医療研究所研究開発委員会委員長、世界保健機構「健康の社会的決定要因に関する委員会」議長などを務めている。長年に渡り健康の社会格差に関する疫学研究領域をリードしてきた。2004年には国際的な科学者に与えられるバルザン賞を受賞

    鏡森 定信(カガミモリ サダノブ)
    富山大学医学部保健医学教授

    橋本 英樹(ハシモト ヒデキ)
    東京大学医学系研究科公共健康医学専攻教授

  • ページ数
    335p
  • ISBN
    978-4-535-98275-8
  • 発売日
    2007年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,888

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 格差論の名著完訳。健康の社会格差=ステータス症候群の原因を理解し、充実した人生を送るために必要な社会づくりの指針を示す。
目次
1章 持てる者、持たざる者
2章 生活習慣が犯人か
3章 「貧しき」を豊かにする
4章 「相対的」とは何か
5章 誰に責任があるのか
6章 ホーム・アローン
7章 互いを信ずる
8章 ロシアの消えた男たち
9章 親たちの苦悩
10章 道徳的義務と結論

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
原題 原タイトル:The status syndrome
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ステータス症候群 社会格差という病
  • ステータス症候群 社会格差という病

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中