ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

読者が選ぶビジネス書グランプリ2020

読者が選ぶ ビジネス書グランプリ2020

アプリ

オムニ7アプリ

オムニ7アプリ

オムニ7リーダー

オムニ7リーダー

公式SNS

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • LINE

ニュースメール

お得な情報をお届け

読者が選ぶ ビジネス書グランプリ2020

【総合グランプリ 1位】【政治・経済部門 1位】FACTFULNESS

【総合グランプリ 1位】【政治・経済部門 1位】FACTFULNESS


ファクトフルネスとは データや事実にもとづき、世界を読み解く習慣。
賢い人ほどとらわれる10の思い込みから解放されれば、癒され、世界を正しく見るスキルが身につく。
世界を正しく見る、誰もが身につけておくべき習慣でありスキル、「ファクトフルネス」を解説しよう。
世界で100万部の大ベストセラー!40カ国で発行予定の話題作、待望の日本上陸

ここ数十年間、わたしは何千もの人々に、貧困、人口、教育、エネルギーなど世界にまつわる数多くの質問をしてきた。
医学生、大学教授、科学者、企業の役員、ジャーナリスト、政治家―ほとんどみんなが間違えた。みんなが同じ勘違いをしている。
本書は、事実に基づく世界の見方を教え、とんでもない勘違いを観察し、学んだことをまとめた一冊だ。

【イノベーション部門 1位】売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放

【イノベーション部門 1位】売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放


・ランチのみ、の国産牛ステーキ丼専門店
・どんなに売れても、1日100食限定
・営業、わずか3時間半
・インセンティブは、早く売り切れば早く帰れる
・飲食店なのに、残業ゼロ
・なのに従業員の給料は、百貨店並み

社員を犠牲にしてまで 「追うべき数字」 なんてない 。
「働きやすい会社」と「経営」が両立するビジネスモデルとは?

京都の小さな定食屋が起こした、奇跡の経営革命!

【マネジメント部門 1位】学校の「当たり前」をやめた。

【マネジメント部門 1位】学校の「当たり前」をやめた。

東京のど真ん中に
学校の常識をみんなひっくり返している
公立中学校長がいる!

NHK 「おはよう日本」で紹介!

「みんな仲良く」と教室に掲げても、子どもたちは仲良くなりません。
他者意識のない作文、目的意識のない行事すべて、やめませんか。
宿題は必要ない。クラス担任は廃止。中間・期末テストも廃止。
何も考えずに「当たり前」ばかりをやっている学校教育が、自分の頭で考えずに、何でも人のせいにする大人をつくる。

【自己啓発部門 1位】天才を殺す凡人

【自己啓発部門 1位】天才を殺す凡人


あなたは凡人? 秀才? それとも天才?
公開瞬く間に30万pvを超えた人気ブログ
「凡人が、天才を殺すことがある理由。」が、
物語となって書籍化!

天才肌の女性創業者社長に惚れ込み、起業に加わって10年。会社は大きくなったが、
新事業は振るわない。「社長は終わった」などという声も聞こえてくる――。
そんな悩みを抱える広報担当の青野トオルは、謎の犬ケンと出会う。
関西弁と東北弁がまざった珍妙な言葉を使うケンは、トオルの疑問に当意即妙に答えていく。
人間の才能とは何か、なぜ人はすれ違ってしまうのか、
私たちは自分の中にどのように才能を見い出し、どうやって伸ばしていけばいいのか。
今最も注目されるビジネス作家が90分で読める物語にまとめた、超・問題作!

【リベラルアーツ部門 1位】ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

【リベラルアーツ部門 1位】ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー


大人の凝り固まった常識を、子どもたちは軽く飛び越えていく。
世界の縮図のような「元・底辺中学校」での日常を描く、落涙必至の等身大ノンフィクション。

優等生の「ぼく」が通い始めたのは、人種も貧富もごちゃまぜのイカした「元・底辺中学校」だった。
ただでさえ思春期ってやつなのに、毎日が事件の連続だ。
人種差別丸出しの美少年、ジェンダーに悩むサッカー小僧。
時には貧富の差でギスギスしたり、アイデンティティに悩んだり。
世界の縮図のような日常を、思春期真っ只中の息子と
パンクな母ちゃんの著者は、ともに考え悩み乗り越えていく。

連載中から熱狂的な感想が飛び交った、私的で普遍的な「親子の成長物語」。

最近チェックしたカテゴリのおすすめ

【ビジネス実務部門 1位】メモの魔力

【ビジネス実務部門 1位】メモの魔力


・メモで、目にする情報全てをアイデアに変える
・メモで、本当の自分を見つめ直す
・メモで、夢をかなえる
◎メモの魔力を手にした時、あなたは、何者にでもなれる。

〔巻末付録〕
自分を知るための【自己分析1000問】

僕にとってメモとは、生き方そのものです。
メモによって世界を知り、アイデアが生まれる。メモによって自分を知り、人生のコンパスを持つ。メモによって夢を持ち、熱が生まれる。
その熱は確実に自らを動かし、人を動かし、そして人生を、世界を大きく動かします。
誰にでもできるけど、誰もまだ、その魔力に気付いていない「本当のメモの世界」へ、ようこそ。
(「序章『メモの魔力』を持てば世界に敵はいない」より)

ページの先頭へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中