ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

JohnHathway

アプリ

オムニ7アプリ

オムニ7アプリ

オムニ7リーダー

オムニ7リーダー

公式SNS

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • LINE

ニュースメール

お得な情報をお届け

John Hathway(ジョン・ハサウェイ)ポスターBOX


セブンネット限定:3連結ポスター封入
(B2変型3連結1300mmクラスの大ポスター)

販売価格:2,420円(税込)

※商品のデザイン・内容は変更になる場合がございます。

詳細はこちら

John Hathway(ジョン・ハサウェイ)クリアファイル3枚セットA


セブンネット限定セット

販売価格:1,100円(税込)

※商品のデザイン・内容は変更になる場合がございます。

詳細はこちら

John Hathway(ジョン・ハサウェイ)クリアファイル3枚セットB


セブンネット限定セット

販売価格:1,100円(税込)

※商品のデザイン・内容は変更になる場合がございます。

詳細はこちら

JohnHathway(ジョン・ハサウェイ)


科学とアートとマンガ表現を融合させた新領域にてアート活動を行う。
原点は少年時代に想像した反重力の科学世界、そして学生時代に感銘を受けた少女漫画の表現手法であった。
当初はその反重力の世界を実現すべく中学高校時代に自宅研究室(写真)にて実験を行うなどの後、最先端の物理学研究者の道に進むため東京大学大学院物理工学専攻に進学、一方マンガ作品を創作する活動を並行して続けていた。
修了後は同大学院博士課程に進学、学術振興会特別研究員も兼任していたが、科学とアートとマンガ表現に互いに強い繋がりを感じ、科学の世界を様々な方法で表現するアーティストに転身した。
その方法はコンピューター絵画、ロボット、小説、電気回路、音楽、ソフトウェアなど多岐にわたる。
専攻は物理工学量子極限物理学。現在は京都嵯峨美術大学客員教授も務める。
最近の作品は絵の中と現実の世界の両方に存在できるプロダクト「真空管ヘッドフォン」、ロボットと彫刻の中間物「 Δ Figure 」(アルスエレクトロニカ 2014)や同氏原作の世界観ゲームアプリ「真空管ドールズ」( SonyMusicEntertainment)、電動乗物で体験するアトラクション作品「 MOVER 」(神戸ビエンナーレ 2015)を発表、 2016年はスーパーフラットの潮流の展示である「 Juxtapoz x Superflat 展」(バンクーバー美術館)に日本代表アーティストの 1 人として海外展示を行った。
2017年は秋葉原駅前の「秋葉原ラジオ会館」の壁面に 30m 級の巨大壁画作品や「 Yahoo!JAPAN 」に縦 30 万ピクセル超の巨大 CG 作品「 The Mother of Internet 」を公開した。 2018 年は先端技術プロダクトを通した表現方法を研究しており、大手電機メーカーとコラボレーションし新規ガジェットの共同開発&アートディレクションなども行った。
2019年はドイツを代表する企業「 Ottobock 」の 100 周年本に AI を題材にした新作マンガを発表。
また、神田明神にて平将門公展 2019「神田明神コレクションと6人の現代アーティスト」に参加するほか、工業用の製本装置や加工装置で自ら工場を作り量産とハンドメイドの中間的存在の作品本「 ATEK 」を制作した。 ファインアートの分野においても作品が著名なコレクターのコレクションや世界最大級の近現代アート美術館のコレクションに加えられるなど現代アートとしても評価が高い。

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

ページの先頭へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中