ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 週刊ダイヤモンド 2018年11月24日号

  • 週刊ダイヤモンド 2018年11月24日号

週刊ダイヤモンド 2018年11月24日号

  • 号数
    2018年11月24日号
  • 発行間隔
    週刊
  • 雑誌コード
    20244
  • 発売日
    2018年11月19日

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

657 (税込:722

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • グローバリゼーションの進展が格差を生み出し、ポピュリズムを醸成、
    その流れがトランプ米大統領を生み出し、また英国のEU離脱につながりました。
    そして、米中に代表される貿易戦争――。
    そこには、単なる貿易赤字の削減ではなく、覇権国vs新興勢力といった構図が見て取れます。
    これらの状況を理解するには、地政学や世界史を学ぶことが有意義です。
    本特集では、混沌とした世界情勢を読み解くだけでなく、投資環境についても論述しています。

商品詳細情報

代表商品コード 4910202441180
サイズ Aヘン
この号の内容 米中戦争 日系メーカー 
危険度ランキング

「4つの独自試算」と「業界別リアル取材」で
日米貿易戦争がもたらす日系メーカーリスクとチャンスをあぶり出す!
技術覇権、軍事覇権を懸けた2大国家の長期戦は決定的になった。
自由貿易から保護貿易へ、最適地生産から地産地消へ。
これまで自由貿易を前提に生産・開発・販売戦略を構築してきた日系メーカーは
大きな戦略変更の必要性に迫られている。

●緊急!4つの独自試算でリスクが浮き彫り
(1)対米国投資”圧力”危険度ランキング120社
(2)対中国投資”圧力”危険度ランキング30社
(3)自動車7社 国際分業指数
(4)トヨタグループ16社 現地化”圧力”指数

●米中分断で泣く企業、笑う企業
「国内回帰」「第三国逃避」…取るべき6パターンとは?
自動車:米中巨額ダブル投資の恐怖 / 半導体:日本の有力選択肢は米国との共同歩調
監視カメラ:ソニー虎の子製品の足かせ / 電池 / 産業機械 / 5G通信 / 航空機…
出版社情報 【特集】
●米中戦争
  日系メーカー
   危険度ランキング

Prologue 
 ◇トヨタの中国反転攻勢 
   米中“板挟み”苦悩の決断

Part 1 
 ◇超理解編 
   米中分断 リスクを先読み・深読み
  ・技術&軍事覇権の争奪デスマッチ 
    米国が許せない共産党支配
  ・2050年世界一への道
  ・コラム
    ベンチャー投資・輸出も規制 
     日系も巻き込まれる対中制裁
  ・投資家注目! 自動車・電機120社 
    日系メーカー危険度ランキング

Part 2 
 ◇実例編 
   海外戦略を再定義 日系メーカーの泣き笑い
  ・米中両にらみかチャイナプラスワンか 
    製造業が取るべき6パターン
  (1)自動車 米中ダブル巨額投資の恐怖
  ・コラム 
    トヨタグループに激震! 
     系列15社の現地化圧力
  (2)半導体 リスクヘッジの皮算用
  (3)監視カメラ ソニー虎の子製品の足かせ
  ・コラム
    米中に工場を建設も板挟み 
     家電の王者、サムスンの憂鬱
  (4)5G 蚊帳の外の「小さな一歩」
  (5)航空機 ボーイング蜜月の対価
  (6)電池 世界一中国企業の棚ボタ
  (7)建機 コマツ“妙味生産”の試練
  (8)産業機械 自動化覇権争いの勃発

Epilogue 
 ◇米中に狙われるテック財閥 
   ソフトバンクの風見鶏投資


【特集2】
●枯れる資源、旧態依然の生産構造
  ニッポンの「魚」が危ない


【ダイヤモンドレポート】
◆「新中計」は地味なのに実効性に疑問符
   安全運転の東芝を待つ難路


…ほか
発売日について 発売日は首都圏基準の発売日になります。地域・地区によって発売日・お届け日は異なります。
※首都圏とは、「東京、埼玉、千葉、神奈川」の1都3県を示します。

ページの先頭へ

閉じる

  • 週刊ダイヤモンド 2018年11月24日号
  • 週刊ダイヤモンド 2018年11月24日号

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中