ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 週刊東洋経済 2019年3月2日号
  • 週刊東洋経済 2019年3月2日号

  • 週刊東洋経済 2019年3月2日号
  • 週刊東洋経済 2019年3月2日号

週刊東洋経済 2019年3月2日号

  • 号数
    2019年3月2日号
  • 発行間隔
    週刊
  • 雑誌コード
    20131
  • 発売日
    2019年02月25日

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

657 (税込:722

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 来年以降、東証1部市場が整理され、多くの企業が事実上の降格になる。
    「東証1部ブランド」を失うのはどの企業なのか?
    時価総額、社外取締役比率、親子上場の3つの上場基準で分析。
    1部上場に安住していた企業は、経営改革が待ったなしだ。


    ・上場基準の変更で、「東証1部」ブランドのなくなる企業が続出
    ・東証「新1部」のルールを予想、気になる企業はどうなる?
    (1)株式時価総額500億円が分かれ目
    (2)社外取締役比率でガバナンスチェック 3分の1が目安に
    (3)親子上場 子会社の独立性は守られているか
    ・批判強まる親子上場 ソフトバンク、ドコモの独立性は?
    ・上場基準の超厳格化でも東証新1部に残る44社リスト
    ・マザーズ経由で東証1部に簡単に昇格 近道上場は廃止へ
    ・1部昇格を焦ったか 虚偽開示したベンチャーDLE社が待つ「審判」
    ・東証2部に5年残留、東芝「不正会計」の重い代償
    ・東証改革は課題が山積 TOPIXが使われないのにはワケがある
    ・有力ストラテジスト イェスパー・コールが直言「市場区分の見直しでも、東証の病は治らない」

    【第1特集】東証1部 天国と地獄
    これから降格企業が続出する! 東証の市場再編が告げる「1部ブランド」安住の終わり
    「新1部」ルール予想
    1 株式時価総額 500億円が運命の分かれ目
    2 社外取締役比率 3分の1未満だと転落?
    3 親子上場 独立性確保に向け社外役員拡充が急務に

    【第2特集】管理会社が撤退通告! 漂流し始めるマンション
    相次ぐ管理会社の「反旗」 住民にも意識改革が必要だ
    人手不足のピンチを救う「代行」管理人

    巻頭リポート
    迷走する劇場型TOB 伊藤忠商事 vs. デサント
    デサント石本社長が激白「伊藤忠から負った傷は深い」

    連載
    |経済を見る眼|柳川範之
    |トップに直撃|内田高史●東京ガス社長
    |ニュースの核心|中村 稔
    |マネー潮流|森田長太郎
    |少数異見|

商品詳細情報

代表商品コード 4910201310395
サイズ Aヘン
雑誌概要 多様な視点で混迷の時代を読み解く創刊1895年の日本を代表する経済誌。
出版社情報 【第1特集】
●東証1部 天国と地獄

 ◇これから降格企業が続出する! 
   東証の市場再編が告げる「1部ブランド」安住の終わり
 ◇「新1部」ルール予想
  1 株式時価総額 500億円が運命の分かれ目
  2 社外取締役比率 3分の1未満だと転落?
  3 親子上場 独立性確保に向け社外役員拡充が急務に
 ◇親子上場にガバナンス上の批判 ソフトバンク、NTT、ドコモ
 ◇厳格基準“フルコース” でも東証1部に残れる44社
 ◇1部市場の膨張を招いたマザーズ経由の「近道上場」
 ◇決算を虚偽開示 東証の「審判」を待つDLEの命運
 ◇上がりたくても上がれない 東芝「不正会計」の代償
 ◇東京証券取引所の市場改革は課題山積
 ◇TOPIXに勝てない“厳選指数” 忘れられたJPX400
 ◇東証1部見直しを投資家はこう見る 
   丸木 強/イェスパー・コール

【第2特集】
●管理会社が撤退通告! 
  漂流し始めるマンション

 ◇相次ぐ管理会社の「反旗」 住民にも意識改革が必要だ
 ◇人手不足のピンチを救う「代行」管理人


【巻頭リポート】
◆迷走する劇場型TOB 
  伊藤忠商事 vs. デサント
    デサント石本社長が激白「伊藤忠から負った傷は深い」


…ほか
発売日について 発売日は首都圏基準の発売日になります。地域・地区によって発売日・お届け日は異なります。
※首都圏とは、「東京、埼玉、千葉、神奈川」の1都3県を示します。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中