ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本のしきたり笑事典

  • 日本のしきたり笑事典

ポイント倍率

日本のしきたり笑事典

  • 古川愛哲/著 古川 愛哲(フルカワ アイテツ)
    1949年、神奈川県生まれ。日本大学芸術学部卒。映画学科で映画理論を専攻。東西の歴史や民俗学をはじめとする人文科学から、生理学、科学・技術史まで、幅広い好奇心を持ちながら「人間とは何か」を追求している。身近なものから歴史の新しい視点を発見する講演を、各地の文化センターや大学で行なっている

  • シリーズ名
    フォー・ユー新書
  • ISBN
    978-4-89376-097-5
  • 発売日
    2007年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

700 (税込:770

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 世間で広く言われる「しきたり」には、実は眉ツバなものが少なくない。しきたりの「なぜ?」「どうして?」という部分に着目し、「本当のしきたり」をその由来から紐解く一冊。
目次
第1章 「四季の行事」のしきたり(正月の行事
春の行事
夏の行事
秋の行事
冬の行事
暦と干支)
第2章 「冠婚葬祭」のしきたり(婚礼
葬儀
寺社と縁起
祭礼)
第3章 「暮らし」のしきたり(家内
装い
食事
酒と宴
贈答
ビジネス)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 18cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

巷間いわれている「しきたり」の中には、一般的には正しいと信じられていながら、実は誤って伝わってきたものが少なくない。それは、慣例の名のもとに、その本当の由来を知ろうともしないで済ませてきた私たち日本人のせいでもある。本書は、今まで語られることがなかった、日本のしきたりの「なぜ?」「どうして?」という部分に着目した一冊だ。いざ「誤解だらけのしきたり」の発祥をさかのぼると、そこには時にとんでもない由来も存在した。それでは、“笑撃”の真実をご覧あれ。

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本のしきたり笑事典
  • 日本のしきたり笑事典

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中