ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「前段の司法」とその担い手をめぐる比較法史研究

  • 「前段の司法」とその担い手をめぐる比較法史研究

「前段の司法」とその担い手をめぐる比較法史研究

  • シリーズ名
    大阪大学法史学研究叢書 1
  • ページ数
    283p
  • ISBN
    978-4-87259-681-6
  • 発売日
    2019年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,400 (税込:5,832

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「前段の司法」―紛争の解決は、法専門家によるものだけではなく、時に非法専門家によって柔軟に調停されていた―。近代日本を軸に、古代ローマ、中世・近現代ヨーロッパ、そして現代中国における前段の司法の「機能」に着目する。
目次
序章 明治期日本の地域社会における「前段の司法」とその担い手の多様性―本書の視点
第1章 近代日本における無資格者による法廷代理とその終焉
第2章 明治期における刑事弁護―治罪法導入前後の状況
第3章 共和政末期・元首政初期ローマにおける法的サービスの周辺―法学者・弁論家の活動と知的背景を中心に
第4章 中世ボローニャと「公証人術の書」―ロランディーノ・パッサッジェーリ研究序論
第5章 フランス革命前後の公証人制度
第6章 ドイツ公証制度史にみる需要と法専門家性―ハンブルクにおける公証制度の近代化を中心に
第7章 在野法曹と非弁護士の間―オーストリア司法省文書にみる公的代理業
第8章 中国の法的サービス供給における基層法的サービス従事者の機能とその需要の背景―弁護士との比較から(一九八〇~二〇一七年)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「前段の司法」とその担い手をめぐる比較法史研究
  • 「前段の司法」とその担い手をめぐる比較法史研究

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中