ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ネイチャー・アンド・ソサエティ研究 第4巻

  • ネイチャー・アンド・ソサエティ研究 第4巻

ネイチャー・アンド・ソサエティ研究 第4巻

  • 巻の書名
    資源と生業の地理学
  • 巻の著者名
    横山智/編集
  • ページ数
    350p
  • ISBN
    978-4-86099-274-3
  • 発売日
    2013年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「生業」をキーに、その背景にある歴史的、空間的、文化的な文脈を考慮しつつ、何が資源と見なされ、だれが資源にアクセスでき、そして資源の価値はいかに変化してきたのか、世界各地の事例から明らかにする。
目次
生業と資源を捉える視点
第1部 環境変化と資源(資源としてのゴミの有用性:西アフリカ・ハウサ社会の飢饉と緑化技術
山地の文化地理学:チベット地域における標高帯利用の変化
線香粘結剤タブ粉のリソース・チェーン:日本と東南アジアの森林利用の相関
ニシンの移動に伴う漁夫の活動)
第2部 資源利用の戦略(「狩猟採集民」と森林の商品化:ボルネオ北部プナンの戦略的資源利用
農地林の利用と更新をめぐる農牧民の生計戦略:ナミビア農村のポリティカル・エコロジー
雨乞い儀礼を通じた家畜頭数と放牧域の調整:サーヘル東端の気候変動への対応
ラオス山村における出作り集落と家畜飼養)
第3部 資源と制度・政策(水資源管理と輸出蔬菜生産:ケニア中央部の小農による欧州向け契約栽培
ローカル・コモンズから森林利用者組織へ:ネパールの羊飼いにみる放牧地確保の戦術
「ローカル」な資源の探求:アメリカ・ケンタッキー州におけるローカルフード運動の勃興
資源の分配と社会的分業の展開:近代屋久島の林業と漁業)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • ネイチャー・アンド・ソサエティ研究 第4巻
  • ネイチャー・アンド・ソサエティ研究 第4巻

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中