ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大人の感情コントロール どんな相手とでもうまくいく!

  • 大人の感情コントロール どんな相手とでもうまくいく!

大人の感情コントロール どんな相手とでもうまくいく!

  • シリーズ名
    WIDE SHINSHO 247
  • ページ数
    190p
  • ISBN
    978-4-86081-580-6
  • 発売日
    2019年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

900 (税込:972

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 累計58万部「和田秀樹の感情の本」新刊。大人は感情的になったとき「損得」で考えると感情をコントロールできる。その考え方と方法(「近刊情報」より)

    「短気は損気」と肝に銘じておこう、マイナス感情から早く抜け出す方法、相手に言い勝っても得にはならない、朗らかな気持ちが人生を後押しする、大人の知恵が人間関係を変えていく―怒らないコツ。

    感情が激して収まらない。いいたいことがいえなくてモヤモヤする。不満や不機嫌にとらわれる。そういうことは日常だれにでも起こります。
    そんな不快な感情を上手にコントロールするコツは、まずその感情を持ち続けることが、自分にとって「損」か「得」か、と考えることです。
    自分にとって、損か得か、それを考えればいいのだとわかると、怒りやいらだちの感情をひとまずやり過ごせるようになるからです。
    損か得かと割り切って考えることは、気持ちやこころのコントロールで有効なのです。
    自分のこころの内側を見直すことができ、重たい感情やイライラや怒り、悩み、コンプレックスなど、イヤな感情をうまく収めることができるのです。
    結果として、対人関係も上手くいきます。
    感情を、「損」か「得」か、というフィルターを通して考えて、自分を客観的に見る。
    そういう「大人の感情コントロール法」を本書で紹介します。もちろん、怒ってもいいときもあります。そういう場合も紹介しています。

    ●感情のコントロールを損得の感覚でやる
    ●損得で考えると、我慢強さも出てくる
    ●マイナス感情につかまると、おカネも時間も損をする
    ●「いま楽しい人」がほんものの幸せに近づく
    ●いまできることをやるとマイナス感情は消えていく
    ●マイナス面ではなくプラス面をさがす
    ●いまのあなたの損は腹を立てるほど大きい?
    ●感情は溜まらない「動くもの」だ!
    ●「怒ったら損」でも、怒っていい時がある
    ●感情を殺してしまってはいけない(他)
目次
プロローグ ここで怒るのは「損か得か」と考える
第1章 つねに感情の損得を考えよう
第2章 損したことより得したことをカウントする
第3章 「損したくない」と思うと感情は悪化する
第4章 感情はプラスとマイナスをくり返す
第5章 「損な性格」でも得することがある!
第6章 「感情の整理」が上手くなる大人の知恵
第7章 感情を解放し気持ちよく生きる
エピローグ 感情が人生を後押ししてくれる

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 大人の感情コントロール どんな相手とでもうまくいく!
  • 大人の感情コントロール どんな相手とでもうまくいく!

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中