ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 自分が高齢になるということ

  • 自分が高齢になるということ

自分が高齢になるということ

  • 和田秀樹/著 和田 秀樹
    1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、精神科医。国際医療福祉大学大学院教授。和田秀樹こころと体のクリニック院長。一橋大学経済学部非常勤講師。川崎幸病院精神科顧問

  • シリーズ名
    WIDE SHINSHO 240
  • ページ数
    183p
  • ISBN
    978-4-86081-572-1
  • 発売日
    2018年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

900 (税込:972

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 老人精神医学が専門の和田秀樹先生が説く、高齢になれば避けられない「ボケ」を受け入れて、幸せな長生き老人を目指す考え方。

    高齢になることへの不安はだれにでもあります。その不安は健康に対するものが一番大きいでしょう。
    歳を取ると、脳も体の他の部分と同じように老化していきます。人は85歳という年齢をすぎれば、半分程度の人に認知症の症状が現れてきます。
    人は高齢になればボケは避けられないといえるのです。
    しかし、認知症の進行には個人差があるし、認知症になっても周りから愛され、長生きもできます。
    たとえボケたとしても、人生を最後まで幸せに生きることはできるのです。

    本書では、「高齢になると人はボケる」という前提に立ち、たとえボケたとしても最後まで幸せに生きられることを、高齢者専門の精神科医として長年実践してきた著者が説いていきます。
    認知症はだれにでも起こりうる老化の自然な姿です。
    そのことを素直に受け入れ、「ボケてもいい、幸せな人生で終わりたい」という気持ちになったとき、自分が高齢になることへの大きな不安が消えるはずです。

    ◎ボケを恐れることはない。ボケにも幸せな側面もある。
    ◎歳をとっても人には残っている能力(残存能力)がある。その価値に気づくことが大事。
    ◎もし体や脳が衰えたとしても、人に頼るとは悪いことではない。
    ◎認知症になるより、うつになるほうが本人にとってつらいもの。
    ◎ボケようがボケまいが、人生は自分が楽しかったり幸せだと感じることが大切。
目次
プロローグ 老いて幸せなら、人生それでよし
第1章 ボケは幸せの「お迎え」かもしれない
第2章 「できることをやる・できないことは頼る」でいい
第3章 「ボケ老人」より不幸な「うつ老人」
第4章 あなたの身近なボケを愛すること―いまからできること(1)
第5章 気楽に教えてもらう、助けてもらう―いまからできること(2)
第6章 楽しみの種を蒔いておこう―いまからできること(3)
エピローグ ボケると「新しい力」がついてきます

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 自分が高齢になるということ
  • 自分が高齢になるということ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中