ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 辛口・幸福論 生きるすべてを「真剣な遊び」に

  • 辛口・幸福論 生きるすべてを「真剣な遊び」に

辛口・幸福論 生きるすべてを「真剣な遊び」に

  • 曽野綾子/著 曽野 綾子
    1931年東京都生まれ。聖心女子大学文学部英文科卒業。1979年、ローマ法王庁によりヴァチカン有功十字勲章を受章。1993年、恩賜賞・日本藝術院賞、2003年、文化功労者となる。2012年、菊池寛賞などを受賞。1995年から2005年まで「日本財団」会長、1972年からNGO活動「海外邦人宣教者活動援助後援会」を始め、2012年同会代表を退任

  • シリーズ名
    WIDE SHINSHO 210
  • ISBN
    978-4-86081-512-7
  • 発売日
    2014年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

900 (税込:990

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「捨て身」で生きれば、人生、これほど面白いものはない。著者の著作から、キリリとした主張のあるエッセンスを編んだ幸福論。
目次
1 「ヘソ曲がり」でごめんなさい(「極度にものぐさ」…の結果が
卑怯者が許されるかもしれない時 ほか)
2 「常識の嘘」に気づく効用(「几帳面」と「優しさ」は困りもの
困るのは「人情的でありすぎる人」 ほか)
3 「ヘソ曲がり」からの日本人への直言(人間は決して平等ではありえないという残酷な事実
私が言うことを「聞かされる方はたまったものではないが」 ほか)
4 このいかがわしき「良識」と「平等」(自分の得ているものを謙虚に冷静に評価する慎み
「人権」多くして「愛」なし ほか)
5 実におもしろかった、と言って死にたい(人は六十、七十を過ぎたら
人は「人のことも心配できる時、初めて一人前でいられる」 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 18cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

「捨て身」で生きれば、人生、これほど面白いものはない。著者の著作から、キリリとした主張のあるエッセンスを編んだ幸福論。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 辛口・幸福論 生きるすべてを「真剣な遊び」に
  • 辛口・幸福論 生きるすべてを「真剣な遊び」に

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中