ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 501XXは誰が作ったのか? 語られなかったリーバイス・ヒストリー A RESEARCHER’S APPROACH TO LEVI’S JEANS

  • 501XXは誰が作ったのか? 語られなかったリーバイス・ヒストリー A RESEARCHER’S APPROACH TO LEVI’S JEANS

501XXは誰が作ったのか? 語られなかったリーバイス・ヒストリー A RESEARCHER’S APPROACH TO LEVI’S JEANS

  • 青田充弘/著 青田 充弘
    青山学院大学大学院卒。専攻は化学。理工学修士。大手電子部品メーカーでの材料開発職時代に、飛行服に関するデータの集大成として『FULL GEAR』(2005年/絶版)を出版、2万円の自費出版本が完売したことで話題になる。2冊目の『ZIPPER GEAR』(2013年)では、史上初めてジッパーの年代解読に成功、1890~1930年代のアメリカン・ジッパーに関する世界初の専門書となる

  • ページ数
    269p
  • ISBN
    978-4-8456-3205-3
  • 発売日
    2018年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1人のヴィンテージリサーチャー(ウラ取り屋)が数々の史料から読み解いたリーバイス研究書。
目次
INTRODUCTION 戦前のヴィンテージ・デニムが希少である理由
第1章 1829‐1902―LEVI STRAUSS サンフランシスコの発展に尽力したフィランソロピスト
第2章 1870‐1885―JACOBS DAVIS ブルー・ジーンズの真の生みの親
第3章 1885‐1906―JACOBS DAVIS リーバイス工場の拡張、そしてサンフランシスコ大地震まで
第4章 1906‐1922―SIMON DAVIS 震災後のリーバイ社を支えたジェイコブの息子
第5章 1922‐1941―MILTON GRUNBAUM 501XXの改善を進めたキーパーソン
第6章 1942‐1946―WW2 第二次世界大戦下の物資統制
第7章 1947‐1975―JEANS 新生リーバイス。コレクター目線の私的研究
APPENDIX

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 501XXは誰が作ったのか? 語られなかったリーバイス・ヒストリー A RESEARCHER’S APPROACH TO LEVI’S JEANS
  • 501XXは誰が作ったのか? 語られなかったリーバイス・ヒストリー A RESEARCHER’S APPROACH TO LEVI’S JEANS

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中