ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 誰が日本を支配するのか!? 政治とメディア

  • 誰が日本を支配するのか!? 政治とメディア

誰が日本を支配するのか!? 政治とメディア

  • 佐藤優/責任編集 魚住昭/責任編集 佐藤 優
    1960年1月18日、埼玉県生まれ。同志社大学大学院神学研究科修士課程修了後、外務省入省。分析のエキスパートとして力を発揮し、対ロシア外交の最前線で活躍。「戦後最強の外交官」「外務省のラスプーチン」などの異名をとる。2002年5月、背任容疑で逮捕。東京拘置所に512日間勾留される。逮捕の後も辞職はせず、失職までの執筆時の肩書きは「起訴休職外務事務官」。’05年に発表した『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮社)で第59回毎日出版文化賞特別賞を受賞

    魚住 昭
    1951年10月25日、熊本県生まれ。一橋大学法学部卒業。共同通信社社会部で司法記者として東京地検特捜部、リクルート事件などを取材。’96年退社し、フリーのノンフィクション作家に。同年、共同通信社会部のチームで書いた『沈黙のファイル―「瀬島龍三」とは何だったのか』(共同通信社)で日本推理作家協会賞受賞。2004年、『野中広務 差別と権力』(講談社)で講談社ノンフィクション賞受賞。’06年より、佐藤優、宮崎学らとメディア勉強会「フォーラム神保町」を運営

  • ISBN
    978-4-8387-2156-6
  • 発売日
    2010年08月

1,333 (税込:1,440

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 自民党から民主党への政権交代、鳩山政権の崩壊と菅内閣の誕生、7月11日に行われた参院選での民主党惨敗…。「迷走」を続ける日本の政治はどこへ向かうのか?そして、政権交代を機に加速し始めた、メディアやジャーナリズムの危機は救えるのか。
目次
1 日本の政治はどこへ行くのか?(イエスは“ずるいおっさん”
お金を払ってモノを買うことに疑問を持たないことが「思想」
ナショナリズムは人類の原罪
野中広務と耐エントロピー
普天間飛行場移設問題の深層
徴税と国家
誰の利益も代表しない民主党政権
脱官僚を掲げた官僚体質の政党
南北朝時代と小鳩政権
菅直人の権力基盤)
2 鳩山政権崩壊、菅内閣誕生の舞台裏(鳩山下ろし
首相になる気だった小沢一郎
官僚にコントロールされた普天間問題
政治からカネの問題がなくなれば、世の中よくなるのか?
政権交代でメディアは変わったのか?
菅政権はどこへ行く?
参院選を終えて)
3 政権交代でメディアは変わったのか
4 「最小不幸社会」の政治経済学(小泉政治否定を原動力とした政権交代の実現
米官業による日本政治支配の構造
最小不幸社会を目指す政策とは
自助重視vsセーフティネット重視
最重要の労働市場構造改革
言葉遊びの域を出ない「第三の道」論
隠し切れない大企業減税=庶民大増税政策の矛盾
主権者国民政権の樹立に向けて)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 誰が日本を支配するのか!? 政治とメディア
  • 誰が日本を支配するのか!? 政治とメディア

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中