ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 放物線のキセキ 寄せ集め野球部たった9人の快進撃

  • 放物線のキセキ 寄せ集め野球部たった9人の快進撃

放物線のキセキ 寄せ集め野球部たった9人の快進撃

  • 萩原晴一郎/著 萩原 晴一郎
    1968年千葉県松戸市生まれ。出版社、編集プロダクション勤務を経て、1997年に独立。以降、雑誌、書籍の編集とともに、政財界やスポーツ界で注目されている人物の新書、単行本などの構成・編集に携わる

  • ISBN
    978-4-8124-9921-4
  • 発売日
    2014年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

1,300 (税込:1,430

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 北海道の双葉高校野球部は、1年生部員が5人のみ。必死に勧誘活動を続けた結果、スキー部の3人と帰宅部の1人が助っ人として加わり、ちょうど9人で秋季大会に出場することが可能となった。だが、ベンチ内にはギクシャクした雰囲気と負けムードが漂う。そんな危機を救ったのは、スキー部の助っ人が放った一本のホームランだった。これをきっかけに、彼ら9人の“奇跡の快進撃”が始まる。
目次
第1章 助っ人頼みの弱小野球部―何とかしてあと4人集めないと
第2章 スキー部、土砂降りの特訓―俺たちの守備力では野球部に迷惑をかけてしまう
第3章 奇跡を呼ぶ、起死回生のホームラン―ここは自分のバットで盛り上げるしかない
第4章 下位打線爆発―助っ人の協力に感謝の気持ちを忘れずに頑張っていこう
第5章 仲間に捧げるタイムリー―野球部なんだから僕たちも打たないと
第6章 感謝と友情とチームワーク―このままずっと一緒に野球をやっていきたい
第7章 それぞれが目指すところ―やっぱり僕は野球がやりたい

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 放物線のキセキ 寄せ集め野球部たった9人の快進撃
  • 放物線のキセキ 寄せ集め野球部たった9人の快進撃

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中