ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • すみれの瞳に公爵のキスを

  • すみれの瞳に公爵のキスを

すみれの瞳に公爵のキスを

  • ジュリア・クイン/著 村山美雪/訳 クイン,ジュリア(Quinn,Julia)
    ハーバード大学ラドクリフ・カレッジ卒業後すぐにロマンス小説を書き始め、1995年にSplendidで作家デビュー。2000年に発表した「ブリジャートン子爵家シリーズ」の第1作、2作、4作がRITA賞の候補作に選ばれ、人気ヒストリカル・ロマンス作家としての地位を確立。2007年、シリーズ第8作がついに受賞。「ニューヨーク・タイムズ」紙のベストセラー・リストに多数の作品を送りこんでいる。太平洋岸北西部に家族と在住

    村山 美雪
    東京都出身。出版社、外資系商社勤務を経て出版翻訳の道に入る

  • シリーズ名
    ラズベリーブックス ク2-12
  • ISBN
    978-4-8124-4849-6
  • 発売日
    2012年02月

1,086 (税込:1,194

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1816年、ロンドン。アメリカ人富豪の令嬢エマは、ワース伯爵令嬢でいとこのベルの屋敷に滞在していた。ある日、いたずら心を起こしたふたりは舞踏会の準備に追われる厨房を手伝おうともぐりこみ、エマはメイド服を着てお使いに行ってしまう。無事に買い物をすませたエマだったが、屋敷に戻る途中で馬車にひかれそうになったアシュボーン公爵アレックスの甥を助け、気を失ってしまう。目を覚まし身元を訊かれたエマは、伯爵家のメグというメイドだと嘘をつくが、思いがけないことが起こった。アレックスが彼女にそっと口づけたのだ。アレックス自身も自分の行動に驚いていた。彼女はメイドだと思いつつも、そのすみれ色の瞳に魅了されてしまったのだ。とまどうアレックスだったが、メグを送り届けたあと、妹から伯爵家でその晩舞踏会が開かれることを知らされ、出席を決める。社交界にうんざりし、催しには顔を出さなくなっていたが、もう一度メグに会いたかったのだ。だが舞踏会に出席したアレックスが出会ったのは、メイド服の“メグ”ではなく、社交界に華々しくデビューしたばかりの、燃えるような髪とすみれ色の瞳の令嬢“エマ”だった―ジュリア・クインのみずみずしいデビュー作。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:SPLENDID
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • すみれの瞳に公爵のキスを
  • すみれの瞳に公爵のキスを

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中