ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 高校野球継投論 継投を制するものが甲子園を制す

  • 高校野球継投論 継投を制するものが甲子園を制す

高校野球継投論 継投を制するものが甲子園を制す

  • 大利実/著 大利 実
    1977年生まれ。中学軟式野球、高校野球を中心に精力的な取材活動を行っており、中でも神奈川の高校野球に関しては、業界随一の知識と人脈を有する

  • ページ数
    311p
  • ISBN
    978-4-8019-1917-4
  • 発売日
    2019年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,900 (税込:2,090

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 継投の適切なタイミングや複数の投手を育てる方法、データに沿った継投術、投球障害を予防する球数等、継投の極意と重要性を7人の名将とトミー・ジョン手術の権威、セイバーメトリクスの専門家らが語る。
目次
第1章 山梨学院 吉田洸二監督―「先発完投」から「継投策」への転換
第2章 創成館 稙田龍生監督―金属バットの怖さを知る監督の継投論
特別インタビュー1 株式会社DELTA 岡田友輔代表取締役―「セイバーメトリクス」の視点から考える継投論
第3章 近江高校 多賀章仁監督―「3本の矢」でつかんだ夏の甲子園準優勝
第4章 仙台育英 須江航監督―キャッチャーをつなぐ「継捕」で甲子園出場
特別インタビュー2 慶友整形外科病院 古島弘三整形外科部長―トミー・ジョン手術の権威が考える「球数制限」
第5章 健大高崎 青柳博文監督/葛原美峰元アドバイザー―継投でノーヒットノーランの快挙
特別インタビュー3 健大高崎・花咲徳栄 塚原謙太郎トレーナー―甲子園常連校のトレーナーが伝授する「熱中症予防法」
第6章 東海大相模 門馬敬治監督―日本一3度の指揮官が語る「エース論」

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

もう「エースと心中」では勝てない!

10人のプロフェッショナルが、
それぞれの見地から語る、
新時代の継投論!

継投の適切なタイミングや、複数の投手を育てる方法、
データに沿った継投術、投球障害を予防する球数等、
継投の極意と重要性を、7人の名将とトミー・ジョン手術の権威、
セイバーメトリクスの専門家らが語る。

東海大相模 門馬敬治監督
山梨学院 吉田洸二監督
仙台育英 須江航監督
創成館 稙田龍生監督
近江 多賀章仁監督
健大高崎 青柳博文監督/葛原美峰元アドバイザー
健大高崎・花咲徳栄 塚原謙太郎トレーナー
慶友整形外科病院 古島弘三整形外科部長
株式会社DELTA 岡田友輔代表取締役

また、著者は、以下のように述べています。

現代の高校野球は、“継投巧者”でなければ、トーナメントを勝ち抜けなくなっている。もし、球数制限が導入されたとしても、継投重視で戦っている監督であれば、スムーズに対応できるはずだ。
 そこで、本書では『高校野球継投論』と題して、継投で結果を残してきた名将7人に「継投必勝法」を語ってもらった。
さらに、データ分析のプロやトミー・ジョン手術の権威、強豪校をサポートするトレーナーも登場。監督とはまた違った視点から、継投を成功するための策を教えてくれた――本文より(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 高校野球継投論 継投を制するものが甲子園を制す
  • 高校野球継投論 継投を制するものが甲子園を制す

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中