ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 坑怪

  • 坑怪

坑怪

  • 神沼三平太/著 加藤一/監修 神沼 三平太
    神奈川県出身。大学の講師として働く傍ら、趣味で実話怪談の蒐集を始めた。実話怪談コンテスト超‐1/2010年大会、稲川賞受賞。第8回ビーケーワン怪談大賞優秀賞受賞。2011年『恐怖箱臨怪』(竹書房文庫刊)にてデビュー

  • シリーズ名
    竹書房文庫 HO-232 恐怖箱
  • ページ数
    223p
  • ISBN
    978-4-8019-0195-7
  • 発売日
    2015年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

640 (税込:691

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人気の恐怖箱シリーズ最新刊。(「近刊情報」より)
目次
不感蒸散
もみじ
君だけに愛を
改築
遺品整理
猿達の沈黙
運び屋
穢獅子
大事な宝物
産廃〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

「坑怪」は同じ読みである「後悔」を掛けている。体験者たちの後悔、無念がテーマであると同時に、読まなければよかったと思うほどに凄絶な話ですよ、という意味だ。怪談ジャンキーの期待を裏切らぬ恐怖だけは詰めこんだ。それらはすべて本物、実際に起きた事象である。ゆえに安易なオチ=救いはないことをここでお断りしておく…。

ページの先頭へ

閉じる

  • 坑怪
  • 坑怪

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中