ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • なぜ、それが無罪なのか!? 性被害を軽視する日本の司法

  • なぜ、それが無罪なのか!? 性被害を軽視する日本の司法

なぜ、それが無罪なのか!? 性被害を軽視する日本の司法

  • 伊藤和子/〔著〕 伊藤 和子
    弁護士、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ理事・事務局長。1994年弁護士登録、以後、女性、子どもの権利、えん罪事件、環境訴訟など、国内外の人権問題に関わって活動。2004年に日弁連の推薦で、ニューヨーク大学ロースクールに客員研究員として留学。帰国後の2006年、国境を超えて世界の人権問題に対処する日本発の国際人権NGO・ヒューマンライツ・ナウ(Human Rights Now)の発足に関わり、以後事務局長として国内外の深刻な人権問題の解決を求め、日々活動している。弁護士活動でも人権、特に女性の権利を焦点に置いて活動。日弁連「両性の平等に関する委員会」委員長、東京弁護士会「両性の平等に関する委員会」委員長を歴任

  • シリーズ名
    ディスカヴァー携書 216
  • ページ数
    285p
  • ISBN
    978-4-7993-2544-5
  • 発売日
    2019年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

1,000 (税込:1,100

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2019年3月、岡崎、福岡、静岡、浜松…相次ぐ性的虐待やレイプ事件への無罪判決。2017年に110年ぶりに大幅改正されたものの、世界のなかでまだこんなに遅れている!2020年、性犯罪の刑法見直しなるか。
目次
第1部 性暴力被害者に冷たい日本の司法(19歳の実の娘に性交をした父親が無罪の衝撃
性犯罪の処罰に関する刑法の規定はどうなっているのか?
性暴力被害者を待ち受ける高いハードル
なぜレイプ事件の多くが不起訴になるのか?
「同意があったと思われても仕方がない」?
世界はどうなっているのだろう)
第2部 性暴力にNOと声をあげる人びと(財務省セクハラ事件の激震
声をあげはじめた女性たち
勇気を出して声をあげた女性を取り巻く現状
もしあなたが性被害にあったら
改めて刑法改正を考える
「ヤレル女子大生?」抗議する若い世代
Yes Means Yes)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • なぜ、それが無罪なのか!? 性被害を軽視する日本の司法
  • なぜ、それが無罪なのか!? 性被害を軽視する日本の司法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中