ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 年金政策の中身とそのゆくえ マイ・ペンションを考える

  • 年金政策の中身とそのゆくえ マイ・ペンションを考える

年金政策の中身とそのゆくえ マイ・ペンションを考える

  • ISBN
    978-4-7972-1796-4
  • 発売日
    1998年09月

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

3,200 (税込:3,520

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 著者は、前に高齢社会における「福祉」と「保健・医療」の連携にあわせ、その行財政をめぐる、いわゆる改革という名の高齢者の保健医療・福祉の財政合理化の法政策を考える『保健・医療と福祉との連携の法政策(新版)』という一著を送りました。この分野の一つの到達点は、老人保健法改革はいうまでもなく、2000年四月施行の「介護保険法」制定でした。本書は、この際、高齢者保健医療、介護保険もそうですが、どうせ老いの問題は先のこと、何とかなるさではなしに、年金政策について官僚、霞ヶ関任せではなしに、難しい公的年金問題について、公的年金の基礎知識を、また現状を、少しでも話題とすべき時代がきていることを知って、勉強していただき、マイ・ペンション政策のゆくえを思い、前著の老人保健、介護の政策ともども考えようとしたものです。
目次
第1章 高齢社会と老後の生活保障
第2章 公的年金制度の歩み―国際社会の公的年金ルール形成と日本の歩み
第3章 基礎年金改革の理念と改革後の問題点
第4章 「基礎年金」導入と関係年金法改革にもどって―何が残された政策課題だったのか
第5章 「基礎年金」導入の年金改革とその後の平成時代にみる改革政策
第6章 平成元(1989)年公的関係法改正と被用者年金制度間財政調整法の制定とその課題
第7章 公的年金改革(基礎年金導入)とその10年の軌跡
第8章 厚生年金基金制度とその現実と課題
第9章 公的年金積立金とその管理運営の現状と法政策課題
第10章 21世紀に向ける平成11(1999)年年金制度改革政策とは
第11章 公的年金制度改革の「原点」とその課題を改めて求めて

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • 年金政策の中身とそのゆくえ マイ・ペンションを考える
  • 年金政策の中身とそのゆくえ マイ・ペンションを考える

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中