ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 女性ホームレスとして生きる 貧困と排除の社会学

  • 女性ホームレスとして生きる 貧困と排除の社会学

女性ホームレスとして生きる 貧困と排除の社会学

  • 丸山里美/著 丸山 里美
    1976年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得認定退学。博士(文学)。専攻は社会学。現在、立命館大学産業社会学部准教授。共著に『フェミニズムと社会福祉政策』(ミネルヴァ書房2012)、『ホームレス・スタディーズ』(ミネルヴァ書房2010)、共訳にマイク・デイヴィス『スラムの惑星』(明石書店2010)などがある。

  • ISBN
    978-4-7907-1593-1
  • 発売日
    2013年03月

2,800 (税込:3,024

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 女性ホームレスの生活史や福祉制度の歴史から、女性が社会的に排除される過程を浮き彫りにする。(社会図書総目録より)
目次
第1章 女性ホームレスのエスノグラフィに向けて
第2章 女性ホームレスとは
第3章 女性ホームレスを対象とした福祉体制の成立
第4章 福祉施設の利用とジェンダー規範
第5章 女性野宿者たちの生活世界
第6章 野宿をすることと野宿を脱すること
第7章 変化のプロセス
第8章 主体化の魔力に抗して

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 女性ホームレスとして生きる 貧困と排除の社会学
  • 女性ホームレスとして生きる 貧困と排除の社会学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中