ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 社会の解読力 文化編 生成する文化からの反照

  • 社会の解読力 文化編 生成する文化からの反照

社会の解読力 文化編 生成する文化からの反照

  • 巻の書名
    生成する文化からの反照
  • 巻の著者名
    出口剛司/編著 武田俊輔/編著
  • ページ数
    235p
  • ISBN
    978-4-7885-1758-5
  • 発売日
    2022年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

3,200 (税込:3,520

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 文化を読み解き、文化で読み解く。文化とは、研究の「対象」であると同時に「方法」でもある。見過ごされてきた「文化」を拾い上げ、それが本来いかなる実践だったのか再考することを起点に、その土壌となる社会的文脈をも捉え直す。私たちを新たな意味と解釈の地平へと誘う文化社会学の醍醐味。
目次
第1章 振る舞いの近代―背負うという身振りの消失
第2章 宝塚少女歌劇と日本におけるオペラの模索
第3章 待つこととメディア―メディアと日常性の再考に向けて
第4章 国策映画と動員政治―一九七〇年代韓国における映画統制と生徒の映画団体観覧
第5章 NPOの歴史的位置―NPO法制定・改正過程における主体性の変遷に着目して
第6章 栗原彬における言語政治学の構想―啓蒙的理性からコミュニカティヴな民衆理性へ
第7章 方法としての社会運動論―佐藤健二の「社会運動研究における「大衆運動」モデル再検討の射程」から
第8章 尾高邦雄はなぜ職業社会学を維持できなかったか―もうひとつの職業概念に向けて
第9章 災害社会学の方法史的検討―山口弥一郎の『津波と村』を事例にして
第10章 地方都市社会論の構築に向けて―「伝統消費型都市」概念再考

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 社会の解読力 文化編 生成する文化からの反照
  • 社会の解読力 文化編 生成する文化からの反照

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中