ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 縄文漆工芸のアトリエ押出遺跡

  • 縄文漆工芸のアトリエ押出遺跡

縄文漆工芸のアトリエ押出遺跡

  • シリーズ名
    シリーズ「遺跡を学ぶ」 133
  • ページ数
    93p
  • ISBN
    978-4-7877-1933-1
  • 発売日
    2019年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 赤い漆を塗ったうえに黒漆でしっかりと渦巻が描かれた彩漆土器。こうしたみごとな彩漆土器の完形品が八点も出土した押出遺跡とは、縄文時代、どんな場所だったのか。山形県南部、米沢盆地の北東部に位置する低湿地「大谷地(おおやち)」の一角から、新たな縄文集落像を追究する。
目次
第1章 低湿地の縄文遺跡(大谷地と白竜湖
押出遺跡とは ほか)
第2章 盛土の謎(平地住居の集落?
平地住居への疑問 ほか)
第3章 彩漆土器の世界(彩漆土器とは何か?
あらたな発見 ほか)
第4章 作業場の光景(土器による煮炊きと縄文クッキー
さまざまな石器 ほか)
第5章 押出集落の全体像(自然環境の復元
住居はどこに ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 縄文漆工芸のアトリエ押出遺跡
  • 縄文漆工芸のアトリエ押出遺跡

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中