ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 戦国・江戸時代を支えた石 小田原の石切と生産遺跡

  • 戦国・江戸時代を支えた石 小田原の石切と生産遺跡

戦国・江戸時代を支えた石 小田原の石切と生産遺跡

  • シリーズ名
    シリーズ「遺跡を学ぶ」 132
  • ページ数
    93p
  • ISBN
    978-4-7877-1932-4
  • 発売日
    2019年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦国時代、小田原では箱根火山が生みだした石材を用いて石塔や石臼などの石製品がつくられた。そして、江戸時代になると江戸城の石垣に使用する石材が切り出された。石という素材を通じ、中世から近世へという歴史の大きな転換点を支えた石切(石工)の生産活動を明らかにする。
目次
第1章 小田原の石の文化(石を「土産」にする村々
石を見立てる人びと ほか)
第2章 中世の小田原石切を追う(中世の石材加工場の発掘
石材はどこから ほか)
第3章 江戸城築城と小田原の石丁場(早川石丁場
切り出し作業の復元 ほか)
第4章 小田原石切のルーツとその後(小田原石切のルーツ
戦国を生き抜いた石切棟梁たち ほか)
第5章 石が導く歴史への招待

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 戦国・江戸時代を支えた石 小田原の石切と生産遺跡
  • 戦国・江戸時代を支えた石 小田原の石切と生産遺跡

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中