ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 易経 青龍の巻 自分の足で歩いていくってどういうこと?

  • 易経 青龍の巻 自分の足で歩いていくってどういうこと?

易経 青龍の巻 自分の足で歩いていくってどういうこと?

  • 竹村亞希子/著 都築佳つ良/著 竹村 亞希子
    易経研究家。東洋文化振興会相談役。1949年名古屋生まれ。中国古典「易経」を、占いでなく古代の叡知の書としてわかりやすく紹介。全国の企業、官庁で講演やセミナーを開催している

    都築 佳つ良
    フリーライター。1962年東京生まれ。編集プロダクションにて広告、出版に携わり、のちにフリーに。宗教、思想哲学の分野に興味を持ち、1999年より易経研究家・竹村亞希子氏に師事。易経の奥深い教えに魅力され現在に至る

  • シリーズ名
    こどもと読む東洋哲学
  • 巻の書名
    自分の足で歩いていくってどういうこと?
  • ページ数
    336p
  • ISBN
    978-4-7877-1924-9
  • 発売日
    2019年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,980

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 高校生になった乾太。幼馴染の仲間たちはそれぞれ違う高校に進学し、剛は空手、ミヤと純はバンドと青春を謳歌し始める。乾太も野球部に入って甲子園を目指すつもりだったが、大けがをして目標を見失ってしまう。そんな乾太を易経の先生・ゴロさんは「何でもやってみろ」「自分で考えろ」と突き放す…。乾太の成長物語・第3弾「青龍の巻」では、「乾為天」の中の「乾〓(てき)」にフォーカスを当てました。目標を失った乾太が再びやりたいことを見つけ、そして新たな志を打ち立てていく「自立編」です。
  • ※発売日が変更になりました
    12月11日→12月13日
目次
第1部 一人歩きのはじまり(アクシデント発生!
自分で考えるってどういうこと?
止められても前に進める?
青春のエンジン始動!)
第2部 自分の磨き方(そして新たな発見
意志表示するってどういうこと?
向上するためにはどうしたらいい?)
第3部 継続は力なり(大自然が教えてくれる
失敗しても励んでいこう
それぞれに新しい一歩を踏み出そう)
エピローグ 志を立てるまで

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 小学56年生 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

高校生になった乾太(けんた)。幼馴染の仲間たちはそれぞれ違う高校に進学し、剛(つよし)は空手、ミヤと純はバンドと青春を謳歌し始める。乾太も野球部に入って甲子園を目指すつもりだったが、大けがをして目標を見失ってしまう。そんな乾太を易経の先生・ゴロさんは「何でもやってみろ」「自分で考えろ」と突き放す……。乾太の成長物語・第3弾「青龍の巻」では、「乾為天(けんいてん)」の中の「乾テキ(けんてき)」にフォーカスを当てました。
乾テキは、計画を立てて最後までやり遂げる、そのためには勇気をもって前に進んで、失敗に学ぶことが大切であると教えています。
目標を失った乾太が再びやりたいことを見つけ、そして新たな志(こころざし)を打ち立てていく「自立編」です。
※「青龍の巻」では乾為天のほか、山天大畜(さんてんたいちく)、天雷无妄(てんらいむぼう)、風地観(ふうちかん)、風山漸(ふうざんぜん)についても触れています。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 易経 青龍の巻 自分の足で歩いていくってどういうこと?
  • 易経 青龍の巻 自分の足で歩いていくってどういうこと?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中