ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 21世紀のマルクス マルクス研究の到達点
  • 21世紀のマルクス マルクス研究の到達点

  • 21世紀のマルクス マルクス研究の到達点
  • 21世紀のマルクス マルクス研究の到達点

21世紀のマルクス マルクス研究の到達点

  • 伊藤誠/編 大藪龍介/編 田畑稔/編 伊藤 誠
    1936年生まれ。東京大学名誉教授、日本学士院会員

    大藪 龍介
    1938年生まれ。元福岡教育大学教授

    田畑 稔
    1942年生まれ。季報『唯物論研究』編集長

  • ページ数
    337p
  • ISBN
    978-4-7877-1920-1
  • 発売日
    2019年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

2,800 (税込:3,080

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 21世紀の今日、厳しい歴史的試練を受けとめつつ、マルクスの思想と理論の発展的継承を志向し、原点に立ち返って解明する研究が進んでいる。日本におけるその達成を結集し、哲学、経済学、政治理論、歴史観まで、継承すべき成果と残された課題を明らかにする。
目次
1 『資本論』をどう読むか(『資本論』と現代
マルクスにとって『資本論』とは何だったのか
物象化論と『資本論』第一部の理論構造
資本の統治術)
2 歴史観と変革構想(マルクスの「生活過程」論
マルクス政治理論の転回
マルクスの歴史把握の変遷―市民社会論マルクス主義批判
非政治的国家と利潤分配制社会主義―ポスト・スターリン主義の社会主義に寄せて
マルクスの脱近代思想とエコロジー的潜勢力―エコロジーをめぐる連帯の拡大へ向けて)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中