ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本人と〈戦後〉 書評論集・戦後思想をとらえ直す
  • 日本人と〈戦後〉 書評論集・戦後思想をとらえ直す

  • 日本人と〈戦後〉 書評論集・戦後思想をとらえ直す
  • 日本人と〈戦後〉 書評論集・戦後思想をとらえ直す

日本人と〈戦後〉 書評論集・戦後思想をとらえ直す

  • ページ数
    347p
  • ISBN
    978-4-7877-1820-4
  • 発売日
    2018年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 過酷な戦争体験を経て現れた“戦後”とは何だったのか。鶴見俊輔、上山春平、司馬遼太郎らの思索を手がかりに、近代日本の歩みと戦後史、戦後思想を見つめ直す。「戦後レジームの解体」の只中で、日本社会と“戦後”を複眼的に問い返す気鋭の書評・思想論集。
目次
第1章 “戦後”とは何かを考える(戦争(=国家の「経済行為」)と個人の関係を問う
特攻隊員から平和運動へ
“戦後社会”の自明性への問いかけ ほか)
第2章 日本とは何かを考える(庶民と対話の思想から見つめる日本社会
大衆文化を通して「日本人とは?」を問う
「日本」と「日本人」を歴史的視野から問い直す ほか)
第3章 思想とは何かを考える(「日本のアイデンティティー」の問題をめぐって
鶴見俊輔と「銭湯デモクラシー」―九条擁護の視点をめぐって
生活世界から考える二つの視点―鶴見俊輔・内山節・中村桂子を手がかりにして ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中