ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 文明〈後〉の世界

  • 文明〈後〉の世界

文明〈後〉の世界

  • 小野暸/著 田畑稔/編 小野英理/編 小野 瞭
    1950年、東京都生まれ。1974年、関西大学経済学部卒業。(社)海洋産業研究会勤務。1978年、都市科学研究所勤務。1984年、(株)総合計画機構設立参加。1990年、大阪市立大学大学院経済博士課程修了。京都精華大学人文学部人文学科講師、助教授、教授を経て、1995年より公立はこだて未来大学情報科学部複雑系学科教授。2011年12月逝去

  • ISBN
    978-4-7877-1318-6
  • 発売日
    2013年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,600 (税込:2,808

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 文明は組織とともに生まれ、人々の生活のあらゆる領域での組織化を推し進めてきた。「大転換の時代」を迎え、資本主義“後”に来るべき未来社会像として、組織への従属から離れた自由な諸個人の連合による「万人起業家社会」論を提起し、さらに複雑系科学の検討を通して人類史の解明を試み、文明を超えていく道を考える。
目次
「文明」のビフォー/アフター
1 万人起業家社会論―資本主義“後”の世界(市場経済と資本主義経済
「近代」を超える―「自由・平等・友愛」の意味
社会主義経済と創業の自由
企業社会とは何か
「市場・組織・格差」―個人的自由の経済学 ほか)
2 大転換の時代―文明を超えていく道(「文明」を超える―「文明原理」と「反文明原理」
縄文時代の未来的可能性
「国家」を超えていく道
科学革命の展望―モノ・ココロ・カミ
複雑学とは何か―複雑系科学を超えて ほか)
私の個人史
シンポジウム「小野瞭さんの知的挑戦」

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 文明〈後〉の世界
  • 文明〈後〉の世界

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中