ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 縄文人を描いた土器・和台遺跡

  • 縄文人を描いた土器・和台遺跡

縄文人を描いた土器・和台遺跡

  • 新井達哉/著 新井 達哉(アライ タツヤ)
    1974年東京都生まれ。2000年明治大学大学院博士前期課程修了。飯野町教育委員会で和台遺跡や白山遺跡の発掘に従事。2008年、合併により福島市教育委員会に所属

  • シリーズ名
    シリーズ「遺跡を学ぶ」 054
  • ISBN
    978-4-7877-0934-9
  • 発売日
    2009年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 福島県北部、阿武隈川近くの台地でみつかった縄文の大集落・和台(わだい)遺跡。二三〇棟を超える竪穴住居跡からは、縄文ではめずらしい人間の全身を描いた土器や狩猟の様子を表現した土器が出土した。山間の自然のなかで力強く生きた縄文人のムラの姿に迫る。
目次
第1章 縄文人あらわれる(人体文土器の発見
狩猟文土器の発見
居住群の発見)
第2章 「複式炉」の究明(白山遺跡と後藤守一
複式炉の命名
複式炉は何に使われたか)
第3章 和台縄文人の大集落(和台縄文ムラの構成
ムラのいろいろな施設
生活の遺物
祭祀の遺物・遺構)
第4章 川と山のネットワーク(遺跡を育んだ阿武隈川
拠点的集落とそのネットワーク
遠方との交易と搬入ルート)
第5章 火の縄文文化の終焉(複式炉文化
和台縄文ムラの終焉)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 縄文人を描いた土器・和台遺跡
  • 縄文人を描いた土器・和台遺跡

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中