ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 韓国併合と日本軍憲兵隊 韓国植民地化過程における役割

  • 韓国併合と日本軍憲兵隊 韓国植民地化過程における役割

韓国併合と日本軍憲兵隊 韓国植民地化過程における役割

  • 李升煕/著 李 升熙
    1971年、韓国ソウル市生まれ。明治大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(史学)現在、韓国中央大学校歴史学科非常勤講師

  • ISBN
    978-4-7877-0815-1
  • 発売日
    2008年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,500 (税込:4,950

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 憲兵による治安維持・民衆弾圧の原点。憲兵という軍の警察組織を用いた民衆弾圧は、帝国日本の特徴的な支配方式であり、とりわけそれは植民地において顕著であった。日本による植民地化の進展に伴い、その機構と権限を拡張してゆく現地憲兵の様相は、まさに植民地化のバロメーターとも呼ぶべきものであった。その典型的な例が駐韓日本軍憲兵隊である。
目次
序章 植民地と憲兵
第1章 「臨時憲兵隊」の韓国派遣
第2章 義兵闘争の高揚と駐韓日本軍憲兵隊の拡張
第3章 「南韓暴徒大討伐作戦」における駐韓日本軍憲兵隊
第4章 韓国併合期における駐韓日本軍憲兵隊
終章 駐韓日本軍憲兵隊の役割

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 韓国併合と日本軍憲兵隊 韓国植民地化過程における役割
  • 韓国併合と日本軍憲兵隊 韓国植民地化過程における役割

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中