ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 豊饒の海の縄文文化・曽畑貝塚

  • 豊饒の海の縄文文化・曽畑貝塚

豊饒の海の縄文文化・曽畑貝塚

  • 木崎康弘/著 木崎 康弘(キザキ ヤスヒロ)
    1956年生まれ。明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業、博士(史学)。熊本県内小学校教諭を経て、熊本県教育委員会文化課で埋蔵文化財の調査に携わる。現在、熊本県立装飾古墳館主幹(学芸課長)。熊本県教育委員会ほか

  • シリーズ名
    シリーズ「遺跡を学ぶ」 007
  • ISBN
    978-4-7877-0437-5
  • 発売日
    2004年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 縄文時代、西北九州・有明海沿岸には、干潟が育む豊富な魚介類を糧に多くの貝塚がつくられた。その中心的遺跡のひとつ、曽畑貝塚から出土した「曽畑式土器」やドングリ貯蔵穴などから、朝鮮半島から沖縄諸島に広がる海の交流と曽畑縄文ムラの暮らしを描く。
目次
第1章 豊饒の海と考古学(有明海と貝塚
貝塚に魅せられた研究者たち)
第2章 曽畑式土器の世界(曽畑式土器とは
編年の追究と朝鮮半島起源論 ほか)
第3章 曽畑縄文ムラの復元(低湿地発掘と生活環境の復元
ドングリ貯蔵穴群の発見 ほか)
第4章 未来につながる曽畑貝塚

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 豊饒の海の縄文文化・曽畑貝塚
  • 豊饒の海の縄文文化・曽畑貝塚

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中