ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 価値生理学序論 坂口安吾、太宰治、亀井勝一郎を読み解くことから

  • 価値生理学序論 坂口安吾、太宰治、亀井勝一郎を読み解くことから

価値生理学序論 坂口安吾、太宰治、亀井勝一郎を読み解くことから

  • 田中健滋/著 田中 健滋
    1953年、北海道生まれ。精神科医、前電気通信大学教授。専攻は精神医学

  • ページ数
    718p
  • ISBN
    978-4-7872-9250-6
  • 発売日
    2019年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

6,000 (税込:6,600

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 同時期にいずれも日本の北方の富裕な家庭に生まれた坂口安吾、太宰治、亀井勝一郎の3人に焦点を当てて、それぞれの思想や理念を丁寧に整理して、彼らの価値観のなかに生物生理的な基準があることを考察する。さらにその基準が時代、地域、学問領域を超えて普遍的に存在する、人間の価値観の起源のひとつであることを検証する。
目次
第1部 坂口安吾と太宰治と亀井勝一郎(青少年期までの亀井勝一郎と坂口安吾
青少年期までの二人の軌跡からの「対人ストレス耐性」の導入
対人ストレス耐性大である亀井
対人ストレス耐性小か無である安吾
太宰の生い立ちと青春期まで―対人ストレス耐性中と推定
「対人ストレス耐性中」についての一般論
青年期以降の太宰の軌跡―対人ストレス耐性中
亀井、太宰、安吾の相互批評―対人ストレス耐性大/中/小か無の相互批評)
第2部 世界へそして現代へ(「価値生理学」序論―「対人ストレス耐性三類型論」がもつ意義
「対人ストレス耐性三類型論」の応用―日本近現代文学
「対人ストレス耐性三類型論」の応用―世界の哲学、思想
「対人ストレス耐性三類型論」の応用―現代日本の哲学、思想
「価値生理学」序論―「対人ストレス耐性三類型論」のまとめ)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 価値生理学序論 坂口安吾、太宰治、亀井勝一郎を読み解くことから
  • 価値生理学序論 坂口安吾、太宰治、亀井勝一郎を読み解くことから

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中