ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 風俗絵師・光琳 国宝『松浦屏風』の作者像を探る

  • 風俗絵師・光琳 国宝『松浦屏風』の作者像を探る

風俗絵師・光琳 国宝『松浦屏風』の作者像を探る

  • 小田茂一/著 小田 茂一
    1949年、石川県生まれ。愛知淑徳大学教授。東京大学文学部(美術史)卒業、広島大学大学院社会科学研究科博士課程前期修了。1976年から2006年までNHK教育・教養系番組のディレクター、プロデューサーなどとして多くの番組制作に携わる。また、個展などを通じて書家としての活動もおこなっている

  • ページ数
    166p
  • ISBN
    978-4-7872-7416-8
  • 発売日
    2018年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「風俗図」「美人図」の絵師としての視座から光琳に新しいアプローチを試み、これまで見逃されてきた光琳絵画の根幹を明らかにする。同時に、近世の主要作品としてはその由来の解明が進んでいない『松浦屏風』をめぐる未確定事項、とりわけ作者像について一つの推論を加える労作。
目次
第1章 多様な図像表現を生んだ江戸文化
第2章 『松浦屏風』の画面構成と絵画としての特質
第3章 風俗図としての『松浦屏風』
第4章 『松浦屏風』と元禄様式
第5章 『松浦屏風』と光琳芸術の意匠の特徴
第6章 『松浦屏風』と『燕子花図屏風』の近似性
第7章 光琳作品と『松浦屏風』とのさまざまな共通点
第8章 繊細な動勢によって拡張する光琳風空間
第9章 『松浦屏風』の構成美と革新性
第10章 『松浦屏風』と『誰が袖図屏風』との関連
第11章 「小西家旧蔵資料」画稿から『誰が袖美人図屏風』の世界へ
終章 京の伝統と光琳

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

尾形光琳――17世紀後半から18世紀にかけて京都や江戸で活躍した琳派を代表する絵師のひとりで、当時の主流派の狩野派とは違う作風で一世を風靡した。

本書は、『松浦屏風』と『燕子花図屏風』の構図を精緻に分析して、残っている画稿などと図像を比較をすることで2つの作品の類似性や表現上の特徴を指摘する。そして、制作時期も作者も不明とされているこの2作が、実は「風俗絵師」としての光琳の手によるものではないのか、と謎に迫っていく。

「風俗図」「美人図」の絵師としての視座から光琳に新しいアプローチを試みることで、

ページの先頭へ

閉じる

  • 風俗絵師・光琳 国宝『松浦屏風』の作者像を探る
  • 風俗絵師・光琳 国宝『松浦屏風』の作者像を探る

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中