ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 薔薇戦争 イングランド絶対王政を生んだ骨肉の内乱

  • 薔薇戦争 イングランド絶対王政を生んだ骨肉の内乱

薔薇戦争 イングランド絶対王政を生んだ骨肉の内乱

  • 陶山昇平/著 陶山 昇平
    1978年生まれ。福岡県太宰府市出身。東京大学法学部卒業。ロンドン大学(UCL)、オックスフォード大学修士課程(Msc)修了。現在、総務省課長補佐

  • ページ数
    317p
  • ISBN
    978-4-7816-1791-6
  • 発売日
    2019年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

2,000 (税込:2,200

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「分断」の代名詞として今なお英国民にトラウマを残す混沌。王位をめぐる権力闘争の惨禍、希求される新たな「正義と秩序」
目次
序(薔薇たちの諍い
神罰としての薔薇戦争?
イングランド王権の「十五世紀の危機」)
前史(ランカスター朝の成立―血塗られた玉座
ヘンリー五世と百年戦争―栄光の幻影
内乱へ突き進むイングランド―ヘンリー六世の治世)
本史(第一次内乱―ランカスター朝の終焉(一四五九年~一四六一年)
エドワード四世の治世(前半)―癒えぬ傷跡(一四六一年~一四六九年)
第二次内乱―ヨーク派の分裂(一四六九年~一四七一年)
エドワード四世の治政(後半)―栄光と平安(一四七一年~一四八三年)
第三次内乱―白薔薇の復讐遂げし赤薔薇(一四八三年~一四八七年))
結 薔薇戦争とは何だったのか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 薔薇戦争 イングランド絶対王政を生んだ骨肉の内乱
  • 薔薇戦争 イングランド絶対王政を生んだ骨肉の内乱

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中