ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • がん転移 臨床と研究の羅針盤

  • がん転移 臨床と研究の羅針盤

がん転移 臨床と研究の羅針盤

  • シリーズ名
    細胞工学別冊
  • ページ数
    222p
  • ISBN
    978-4-7809-0826-8
  • 発売日
    2010年10月

4,800 (税込:5,184

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 臨床と基礎医学のクロスオーバーを、一冊に凝縮。転移の病態・診断・治療の実際については、経験豊かな臨床家が、転移のメカニズムと分子生物学については、第一線の研究者が執筆。
目次
臨床編(転移の画像診断と肉眼病理
腫瘍マーカー温故知新
食道がん:食道がんの転移様式とその診断・治療
胃がん:転移の臨床病理学的特徴 ほか)
基礎医学編(がんの転移におけるTGF‐βの役割
TNF‐αは転移になぜ必要か
原発巣と転移巣におけるがん微小環境の考え方
BMDCの果たす役割は何か ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm

ページの先頭へ

閉じる

  • がん転移 臨床と研究の羅針盤
  • がん転移 臨床と研究の羅針盤

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中