ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 子どもの気持ちがわかる本 子どももママもハッピーになる子育て 1~5歳
  • 子どもの気持ちがわかる本 子どももママもハッピーになる子育て 1~5歳

  • 子どもの気持ちがわかる本 子どももママもハッピーになる子育て 1~5歳
  • 子どもの気持ちがわかる本 子どももママもハッピーになる子育て 1~5歳

ポイント倍率

子どもの気持ちがわかる本 子どももママもハッピーになる子育て 1~5歳

  • ページ数
    206p
  • ISBN
    978-4-7612-7402-3
  • 発売日
    2019年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,540

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 創造性、個性、自立性を伸ばす。20年後、後悔しないために子どもの未来のために親が簡単にできること!

    世界的なベストセラー! 16カ国以上で翻訳されている育児書! フランスでは25万部を突破!
    『最高の子育て』の著者、慶應義塾大学医学部 高橋孝雄先生が絶賛!


    ◎本書は子どもの困った行動に対して、「子どもの言い分」や「科学的な裏付け」などさまざまな視点から分析したうえで、ママやパパが対応する方法を示した育児書です。
    ◎最新の神経生物学や生理学に基づき、子どもの話を聞くこと・同調することに焦点を当て、子どもの行動の裏にある動機を分析する手法を提案しています。
    ◎よくある困った状況と対応法をかわいいイラストでわかりやすく、紹介していきます。

    ―ただ泣いているのではなく、“子どもは実はこんなことを考えていたんだ”とわかり、目からウロコの画期的な1冊です。
    ―著者の愛情も感じられ、ママパパはじめ、プレママにもおすすめです。
  • ※発売日が変更になりました
    7月上旬→7月23日
目次
子どもの気持ちがわかる本 もくじ
はじめに/この本の使い方
第1章 子育てって大変!
子どもが泣くのは当たり前/ダダをこねるってどういうこと?/何が起こっているのでしょう? …etc.
第2章 親がダメ!という時期 1歳から1歳半
ダメというよりストップと言いましょう!/口で言うだけでなく、手を添えてやめさせる/決まりを無視する、してはいけないと言っても聞かない…etc.
第3章 イヤイヤ期 1歳半から2歳
反抗する/ちょっと気に入らないと泣き叫ぶ…etc.
第4章 秩序 2歳から2歳半
子どもは頭の中で整理している/何事にも順序と場所がある/帰る時間になっても公園を離れようとしない…etc.
第5章 わたし、ぼく! 1人でやる! 2歳半から3歳
1 人でー! …etc.
第6章 一緒に! 3歳
「したくない!」/ルールを知っているのに守らない…etc.
第7章 想像の世界が生まれる(すばらしいもの怖いもの) 3歳半から4歳
怖い夢を見る…etc.
第8章 ルールと自分のイメージ 4歳
ルールについて/作り話をして自慢する…etc.
第9章 自意識と社会適応の難しさ 4歳半から5歳
朝出かける時間になると、お腹が痛いと言う…etc.
第10章 制限すること
感情を受け入れながら拒否する…etc.
第11章 子ども同士のケンカ
ケンカでは/子どもたちがケンカをしている時はこうしよう…etc.
第12章 その子の年齢に応じて
ウソをつく/部屋の片づけはだんだんと…etc.
最後に
おわりに

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
原題 原タイトル:J’ai tout essaye!
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

世界的なベストセラー! 16カ国以上で翻訳されている育児書! フランスでは25万部を突破! 
『最高の子育て』の著者、慶應義塾大学医学部 高橋孝雄先生が絶賛!

◎本書は子どもの困った行動に対して、「子どもの言い分」や「科学的な裏付け」などさまざまな視点から分析したうえで、ママやパパが対応する方法を示した育児書です。
◎最新の神経生物学や生理学に基づき、子どもの話を聞くこと・同調することに焦点を当て、子どもの行動の裏にある動機を分析する手法を提案しています。
◎よくある困った状況と対応法をかわいいイラストでわかりやすく、紹介していきます。

―ただ泣いているのではなく、“子どもは実はこんなことを考えていたんだ”とわかり、目からウロコの画期的な1冊です。
―著者の愛情も感じられ、ママパパはじめ、プレママにもおすすめです。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中