ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 成長戦略論 イノベーションのための法と経済学

  • 成長戦略論 イノベーションのための法と経済学

成長戦略論 イノベーションのための法と経済学

  • ロバート・E・ライタン/編著 木下信行/監訳 中原裕彦/監訳 鈴木淳人/監訳 ライタン,ロバート・E.(Litan,Robert E.)
    1950年生まれ。カウフマン財団副理事長、ブルッキングス研究所上級研究員。金融、情報通信の分野に精通し、法と経済学の観点から公共政策への提言を積極的に行っている

    木下 信行
    1954年兵庫県生まれ。アフラック・シニアアドバイザー。東京大学法学部卒業。1977年大蔵省入省、1998年金融監督庁官房企画課長、2010年日本銀行理事

    中原 裕彦
    1967年長野県生まれ。内閣官房一億総活躍推進室参事官。東京大学法学部卒業。1991年経済産業省入省、2007年経済産業省経済産業政策局知的財産政策室長、2013年内閣府規制改革推進室参事官、2014年経済産業省経済産業政策局産業組織課長

    鈴木 淳人
    1969年千葉県生まれ。預金保険機構調査部審議役。東京大学法学部卒業。1992年日本銀行入行、2013年日本銀行金融研究所制度基盤研究課長

  • ページ数
    383p
  • ISBN
    978-4-7571-2352-6
  • 発売日
    2016年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

6,500 (税込:7,020

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 経済の制度を改善すれば、経済成長と厚生水準を向上させることができる。この考え方のもと、政策決定へのロードマップを提供する。
目次
イノベーションと成長を促進するうえでの法の重要性
イノベーションのための法創造
大学と経済成長―学術関係者の起業家活動の重要性
高度人材移民に関するアメリカの政策について
金融規制における五つの重要分野はどのように改善されるべきか
金融規制はどのように市場の力を利用できるか
租税政策と成長
イノベーションと経済成長を促すために、独占禁止法をどのように進化させていくべきか
契約、不確実性、イノベーション
不法行為、イノベーション、成長
現代不法行為法がイノベーションと経済成長にもたらす影響
土地利用規制とイノベーション及び成長
ネットワーク環境下の情報経済の成長を指向した法制―排他的専用権に対する自由実施権の優越
企業設立のデジタル化
アメリカ特許商標庁は立て直せるか?
ガバナンスにおけるデジタル・イノベーション―個人情報を共有・保護する新しいルール
科学研究へのオープンアクセスによるイノベーションと成長―影響力の大きいルール変更の三つのアイディア
災害への備えを革新できるか―成長の未来のための安全なプラットフォームの促進
イノベーションと成長の育成に向けた法形成過程とより良い政策の発見
改革の政治経済学―結びにあたって

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 23cm
原題 原タイトル:RULES FOR GROWTH
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 成長戦略論 イノベーションのための法と経済学
  • 成長戦略論 イノベーションのための法と経済学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中