ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 超・図解身近にあふれる「微生物」が3時間でわかる本 思わずだれかに話したくなる

  • 超・図解身近にあふれる「微生物」が3時間でわかる本 思わずだれかに話したくなる

ポイント倍率

超・図解身近にあふれる「微生物」が3時間でわかる本 思わずだれかに話したくなる

  • 左巻健男/編著 左巻/健男
    東京大学講師・元法政大学教授。専門は、理科・科学教育、環境教育。1949年栃木県小山市生まれ。千葉大学教育学部卒業(物理化学教室)、東京学芸大学大学院教育学研究科修了(物理化学講座)、東京大学教育学部附属高等学校(現:東京大学教育学部附属中等教育学校)教諭、京都工芸繊維大学教授、同志社女子大学教授、法政大学教授等を経て現職。『理科の探検(Rika Tan)』誌編集長。中学校理科教科書編集委員・執筆者(東京書籍)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • ページ数
    95p
  • ISBN
    978-4-7569-2039-3
  • 発売日
    2019年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

900 (税込:972

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ベストセラーの書籍版『図解 身近にあふれる「微生物」が3時間でわかる本』がさらにわかりやすくなって登場!
    オールカラーで、親しみやすいイラスト・図を多用し楽しみながら学べます。

    身近にあふれる《細菌・菌類・ウイルス》の不思議を楽しく解説!
    私たちの生活は目には見えない(ことが多い)微生物とともにあります。
    「菌」といえば「ばい菌」や、風邪やインフルエンザ、そして病気を引き起こす「怖いもの」と思いがちです。
    あるいはカビなどを見て「気持ち悪い」とイメージする人もいるかもしれません。
    でもそれだけが微生物ではありません。
    おししい食品に代表されるように、日本の食卓には微生物なしにはつくれないものがたくさんあります(醤油、味噌、お酒、パン、ヨーグルト……等々)。
    そして何より、私たち自身の体の中にも、100兆個ともいわれる微生物が共生しています。
    また、良質な土作りや上下水道の運営にも、微生物が大きな役割を果たしています。

    このような私たちの身近にあふれる「微生物」のあれこれを、中学生レベルの科学知識でも読みこなせる1冊にしたのが本書の特徴です。
    ぜひ目に見えない(ことが多い)「微生物」の世界をのぞいてみてはいかがでしょうか。

    内容例
    ・体臭はどうやって発生するの?
    ・お肌を洗いすぎるのは美肌に悪い?
    ・がまんしたおならはどこへいく?
    ・納豆の旨味と粘りはどこから生まれるの?
    ・おにぎりは素手で握ると危険?
    ・風邪とインフルエンザの違いは何?
    ・ピロリ菌には世界人口の半分が感染している?
目次
1 「微生物」ってどんな生物なの?
2 人間と一緒にくらす「常在菌」
3 「おいしい食品」をつくる微生物
4 「分解者」としての微生物
5 「食中毒」を起こす微生物
6 「病気」を起こす微生物

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 超・図解身近にあふれる「微生物」が3時間でわかる本 思わずだれかに話したくなる
  • 超・図解身近にあふれる「微生物」が3時間でわかる本 思わずだれかに話したくなる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中