ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 生産性アップ! 短時間で成果が上がる「ミーティング」と「会議」 (ASUKA BUSINESS)

  • 生産性アップ! 短時間で成果が上がる「ミーティング」と「会議」 (ASUKA BUSINESS)

ポイント倍率

生産性アップ! 短時間で成果が上がる「ミーティング」と「会議」 (ASUKA BUSINESS)

  • 沖本るり子/著 沖本 るり子
    1分トークコンサルタント。「5分会議」(TM)を活用した人財育成家。株式会社CHEERFUL代表取締役。広島生まれ。江崎グリコ(株)等を経て、管財商社に入社。業務改善・業務改革のプロジェクトマネジメントを行い、30代前半で取締役になる。「会議を活用した人財育成と組織改革」をメインに、企業向けコンサルタントや研修・講演の講師を務めている。会議活用術「5分会議」(TM)トレーナー、PHP研究所認定ビジネスコーチ、日本メンタルヘルス協会基礎心理カウンセラー等

  • ページ数
    195p
  • ISBN
    978-4-7569-1938-0
  • 発売日
    2017年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ちょっとした工夫と仕掛けで毎日の仕事が加速します。白熱した議論ができる。確実に成果を上げる。「これなら出たい」と思わせるノウハウ満載!

    毎日どこの職場でも行われているミーティングや会議。
    そこでは複数の人の時間を拘束してしまいます。
    つまり、会議を行わなければ、その時間でできた仕事、稼げた売上が存在します。
    それならば、短時間で効果が上がるミーティングや会議にするべきでしょう。
    そのための方法や技術を図解とともに学びます。

    あなたの会社では、こんなことがないでしょうか?
    ・一方的な説明や報告だけの「会議」
    ・有意義な議論ができていると思ったら、結局「鶴のひと声で話し合った内容が覆る」
    ・質問しても意見が出ずしーんとしている
    ・居眠りやスマホをいじって上の空の人ばかり

    これではわざわざ集まってミーティングや会議を開く意味はありません。
    では、意見が飛びかい、決められる、実行できる会議にするにはどうしたら良いのでしょうか。

    本書では、ミーティングや会議で使える工夫や仕掛けを多数紹介しています。
    本書を読むことで、
    ?・参加者全員が発言する
    ?・誰が進行係でも成果が出せる
    ?・役職者の意見で左右されない
    ?・意見で議論される(賛否で議論されない)
    ?・参加者のより納得感が高い結論を得られる
    ?・決まったことの実行力が向上する
    ?・・・・そんな手法をお伝えします。

    議論の生産性を上げ、仕事のスキルをも引き上げる、リーダー必読の1冊です!
目次
第1章 何が「問題」なのか理解しよう
第2章 残念にならない「仕掛け」を埋め込もう
第3章 「効率的な運営」に挑戦しよう
第4章 「決められる会議」で納得感を高めよう
第5章 「問題解決できる会議」で実行力を高めよう
第6章 ミーティングと会議をスキルアップの道具にする

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

会議やミーティングは複数の人の時間を拘束してしまいます。
つまり、会議を行わなければ、その時間でできた仕事、稼げた売上が存在します。
それならば、短時間で効果がある会議やミーティングをやるべきでしょう。
そのための方法や技術を図解とともに学びます。
(「近刊情報」より)

本書は6章立てで構成されています。


まず第1章で、従来のミーティングや会議のどこに問題があるのかを解説します。現状の問題点を探ってみましょう。
第2章から5章までが、具体的な「手法」です。準備、会議のひな型、使う道具なども具体的に紹介しています。
また、議論の効率を上げ、答えの出しにくい議論でも適切な「策」を打ち出す方法も解説しました。
第5章では、問題が発生したときにどのように対処するか、あるいは将来の目標や課題に対して前々からいかに想定し、対処していくかを考えます。
もちろん、決めたことは実行できなければいけません。そのため、会議が終わった後の「進捗管理」についても触れています。
第6章は、こうしたミーティングや会議の手法を取り入れることで、いかに仕事のスキルがアップするかについて解説しています。
メンバーや会社全体の組織力をも上げていくツール、それが本書で紹介する会議のやり方なのです。

ほとんど毎日、何かしらのミーティングや会議を開いているからこそ、ここでの生産性が上がれば、会社の業績に直結して影響します。
ぜひ皆さんの会社でも、白熱した議論ができる「ミーティング」と「会議」にしてください。そのために、ぜひ本書を役立てください!

ページの先頭へ

閉じる

  • 生産性アップ! 短時間で成果が上がる「ミーティング」と「会議」 (ASUKA BUSINESS)
  • 生産性アップ! 短時間で成果が上がる「ミーティング」と「会議」 (ASUKA BUSINESS)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中