ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 役員になれる人の「数字力」使い方の流儀 (アスカビジネス)

  • 役員になれる人の「数字力」使い方の流儀 (アスカビジネス)

ポイント倍率

役員になれる人の「数字力」使い方の流儀 (アスカビジネス)

  • 田中慎一/著 田中 慎一
    財務戦略コンサルタント。株式会社インテグリティ代表取締役。1972年東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、センチュリー監査法人(現あずさ監査法人)、大和証券SMBC、UBS証券等を経て独立。株式公開支援、M&A、資金調達、企業再建など財務戦略に関するアドバイザーが専門。また、約1,000社におよぶ大手上場企業、中小・ベンチャー企業に深く関与してきた経験を生かした企業変革コンサルティングに強みを持つ。M&A案件では単なるアドバイザーにとどまらず、買収先の再建と企業変革まで実践できるところに定評がある

  • ISBN
    978-4-7569-1850-5
  • 発売日
    2016年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 数字を読み解く力が身につけば、状況判断力や説得力が格段に上がる!経済感覚×仕事力×説得力。現状をとらえ、論理的に伝え、人を動かして、実績を上げるのに、「数字力」は欠かせない。数字に強くなければ、エグゼクティブにはなれない。


    ビジネスマンに必要な「経済・仕事・経営の数字」を正しく把握し、効果的に伝え、人や組織を動かすための本。
    数字に対して苦手意識を持っているビジネスパーソンでも、この1冊で数字力が身につき、仕事でつかえるようになります。
    (「近刊情報」より)
目次
第1章 なぜ「数字力」なのか?(目の前の物事を数字に落とし込むのが「数字力」
数字力で身の回りを見てみよう ほか)
第2章 「世の中」を数字にする(数字力の基本作法は「ならべる」と「くらべる」
数字に隠れたメッセージを浮かび上がらせる「ファンチャート」 ほか)
第3章 「仕事」を数字にする(会社の儲けの構造
経営を自分事に感じられる方法 ほか)
第4章 数字力でわかったファクトを伝える技術(ファクトを人に伝える
ビジュアルのお作法 ほか)
第5章 数字力を浸透させて組織を動かす(すべてを数字で考え、数字で語る
報告はBad News Firstで ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 役員になれる人の「数字力」使い方の流儀 (アスカビジネス)
  • 役員になれる人の「数字力」使い方の流儀 (アスカビジネス)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中