ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 宮田登日本を語る 7

  • 宮田登日本を語る 7

宮田登日本を語る 7

  • 宮田登/著 宮田 登(ミヤタ ノボル)
    1936年10月14日神奈川県に生まれる。1966年3月東京教育大学大学院博士課程修了。東京教育大学助手、東京学芸大学助教授、筑波大学助教授、同教授、神奈川大学教授を歴任。文学博士。2000年2月10日没

  • 巻の書名
    霊魂と旅のフォークロア
  • ページ数
    232p
  • ISBN
    978-4-642-07139-0
  • 発売日
    2006年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,600 (税込:2,808

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本人のカミ観念の原点とは。死に装束や野辺送りなどの葬送儀礼、両墓制や将門伝説から、穢れ観・霊魂観を解明。また観光旅行の原点ともいえる江戸時代の観音霊場巡りや四国遍路を通して、旅のフォークロアを語る。
目次
1 霊魂のゆくえ(民俗学から見た霊魂観
現代に生きるアニミズムの世界
祖霊信仰―東アジア世界と先祖観 ほか)
2 墓と葬送(中世一の谷遺跡の諸問題―民俗学・宗教史の立場から
墓制と魂の行方―一の谷遺跡をめぐって
葬儀の原型―霊魂をあの世に送る営み ほか)
3 旅のフォークロア(旅の原点
旅の意味
旅と交通 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

一般雑誌や研究誌などに寄せた現在入手困難な講演記録・論文・エッセイなどを、テーマ別に収録。

ページの先頭へ

閉じる

  • 宮田登日本を語る 7
  • 宮田登日本を語る 7

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中