ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本中世社会と禅林文芸

  • 日本中世社会と禅林文芸

日本中世社会と禅林文芸

  • 芳澤元/著 芳澤 元
    1982年兵庫県に生まれ、京都府に育つ。2005年龍谷大学文学部史学科卒業。2013年大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了、博士(文学)。明星大学人文学部助教

  • ページ数
    285,9p
  • ISBN
    978-4-642-02942-1
  • 発売日
    2017年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

8,500 (税込:9,180

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 漢詩文を駆使した中世の禅僧と、武家や商人など社会の諸階層との文芸交流は、海域を越えて室町文化として結実した。仏事や芸術を通じた足利将軍・領主社会との結びつき、社会生活を鼓舞する思考などを、漢文や肖像画の厳密な読解により分析。宗教勢力としての禅宗寺院と世俗の切り離せない関係を活写し、仏教史から新たな中世社会像を切り拓く。
目次
凡例/序章 中世宗教史研究と室町時代像/都鄙と海域を越える禅林文芸(鎌倉後期の禅林と文芸活動の展開〈鎌倉期禅林における文芸の機能/禅林文芸の受容と文化交流〉/応永期における渡唐天神説話の展開〈渡唐天神説話の思想的系譜/大内盛見の渡唐天神像と足利義持 /渡唐天神説話の展開を担ったもの〉以下細目略/
補論 現存最古の渡唐天神像のゆくえ/渡唐天神像と日明交通/慶長期における詩画軸の製作過程―前田利家夫人・芳春院の女人図)/中世後期の五山と武家社会(室町・戦国期の武家連歌と天神御影/室町期禅林における飲酒とその背景/室町期の禅宗と武家社会の在俗居士)/終章 宗教勢力としての中世禅林―在俗宗教への道

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

漢詩文を駆使した中世の禅僧と、武家や商人など社会の諸階層との文芸交流は、海域を越えて室町文化として結実した。仏事や芸術を通じた足利将軍・領主社会との結びつき、社会生活を鼓舞する思考などを、漢文や肖像画の厳密な読解により分析。宗教勢力としての禅宗寺院と世俗の切り離せない関係を活写し、仏教史から新たな中世社会像を切り拓く。

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本中世社会と禅林文芸
  • 日本中世社会と禅林文芸

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中