ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 中近世の生業と里湖の環境史

  • 中近世の生業と里湖の環境史

中近世の生業と里湖の環境史

  • 佐野静代/著 佐野 静代
    1968年京都市に生まれる。1991年大阪大学文学部日本学科卒業。1995年奈良女子大学大学院人間文化研究科比較文化学専攻博士課程中途退学。現在、同志社大学文学部教授、博士(文学・京都大学)

  • ページ数
    330,4p
  • ISBN
    978-4-642-02936-0
  • 発売日
    2017年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

9,500 (税込:10,260

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 近年、国際的に関心が高まる「環境史」。里山・里海と並ぶ「里湖」として、琵琶湖・淀川水系をフィールドに「二次的自然」の環境史を展開。各時代の絵図・文書の分析に地形復原や生態学的知見を重ね合わせ、里湖の生態系の成立と変化のプロセスを論じる。古代以来の水辺の複合生業と資源管理の実態から、人間と自然との関わりを解明した注目の書。
目次
1 水辺の資源とコモンズ(古代の淀川流域におけるヨシ群落の利用と管理
「水辺」のコモンズとしてのヨシ帯)
2 中世村落の生業と景観(琵琶湖の自然環境からみた中世堅田の漁撈活動
琵琶湖の「杓の銭」と中近世の堅田・菅浦
惣村菅浦の集落景観と自然環境
近代以降の菅浦の漁業とその景観)
3 漁撈技術と資源管理(近世・近代史料による琵琶湖のエリ発達史の再検討
内水面「総有」漁業の近世と近現代―琵琶湖の「村エリ」をめぐって
『安治区有文書』天正十六年「〓(えり)銭集日記」「鮨上納日記」に関する一考察)
4 「里湖」と都市の消費活動(近世近江国南部における「里山」と「里湖」の循環的システム―漁業史からの環境史研究の可能性
「里湖」の生態系と近世都市の消費生活―琵琶湖と京をめぐって)

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 中近世の生業と里湖の環境史
  • 中近世の生業と里湖の環境史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中