ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ザビエルと東アジア パイオニアとしての任務と軌跡

  • ザビエルと東アジア パイオニアとしての任務と軌跡

ザビエルと東アジア パイオニアとしての任務と軌跡

  • 岸野久/著 岸野 久
    1942年東京都に生まれる。1975年立教大学大学院文学研究科博士課程修了、文学博士。元桐朋学園大学短期大学部教授

  • ページ数
    292,10p
  • ISBN
    978-4-642-02926-1
  • 発売日
    2015年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

10,000 (税込:10,800

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 宣教師ザビエルの教皇大使の資格に着目し、東アジア全体を見据えた布教構想を発見。異教徒改宗に専念した人物という通説を見直す。(「近刊情報」より)
目次
第1部 ザビエルの資格(ザビエルのタイトル「ヌンシオ」とその訳語
教皇大使としてのフランシスコ・ザビエル
フランシスコ・ザビエルとフライレ―アジア布教の協働者として
ザビエル書翰のフライレの定義について
「国王巡察使」としてのフランシスコ・ザビエル)
第2部 東アジア布教構想(フランシスコ・ザビエルの東アジア布教構想
「東アジア布教構想」の端緒とガスパル・パルゼウ
ザビエルによる第二次宣教団来日命令(一五四九年)―「日本布教構想」との関連
ザビエルのパイオニア性)
補論 ザビエルの周辺(日本人アンジローの最期に関する新史料
『フロイス・日本史』の史料性―「大日」論争の分析を通して
ジパングとジャポンの同定者ギョーム・ポステル―フランスにおける日本研究の端緒)

商品詳細情報

フォーマット 単行本

商品のおすすめ

没後まもなく神格化がすすんだ宣教師ザビエルに対する研究は、主として教会関係者によって、イエズス会士としての働きが明らかにされて来た。ローマ教皇より教皇大使に任命されていたことに改めて着目し、日本だけではなく中国を含む東アジア全体を見据えたザビエルの布教構想を発見。異教徒改宗に専念した人物というこれまでの通説を見直す。

ページの先頭へ

閉じる

  • ザビエルと東アジア パイオニアとしての任務と軌跡
  • ザビエルと東アジア パイオニアとしての任務と軌跡

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中