ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • マルチアングル人体図鑑 〔4〕

  • マルチアングル人体図鑑 〔4〕

マルチアングル人体図鑑 〔4〕

  • 高沢謙二/監修 松島浩一郎/絵 川島晶子/文 高沢 謙二
    東京医科大学名誉教授、東京医科大学病院健診予防医学センター特任教授、信濃坂クリニック院長、北京大学客員教授。東京医科大学卒業。長年にわたって心臓病や高血圧の予防と治療に取り組んでいる。「血管年齢」という指標の考案者。著書多数

  • 巻の書名
    呼吸器
  • ページ数
    31p
  • ISBN
    978-4-593-58759-9
  • 発売日
    2018年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人体を様々な方向からながめることができる図鑑。『呼吸器』では生きていくためになぜ酸素が必要なのか考えて呼吸器の秘密を探ります
目次
呼吸をするための器官 肺
酸素を全身にとどけるために協力 肺と心臓
空気のとおり道 気管と気管支
酸素と二酸化炭素の交換場所 肺胞
ねむっているときも、酸素を取りこむ 脳が呼吸をコントロール
肋間筋と横隔膜が外からはたらきかける 肺を動かす筋肉
肺、肋骨、横隔膜が変化する 呼吸をする胸の動き
空気がとおって声になる のどと声帯
肺のために空気をきれいにする 鼻のやくわり
はく息、すう息といっしょに出る くしゃみ、せき、あくび、しゃっくり〔ほか〕

商品詳細情報

サイズ 28cm
対象年齢 小学34年生 小学5
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

人間はいつも、呼吸をしています。空気をすいこんで、その中にふくまれている酸素を取り入れ、かわりに、二酸化炭素をからだの外へ出します。これが呼吸です。呼吸をするためにはたらく、鼻、のど、気管、気管支、肺などの器官を呼吸器とよびます。ではなぜ、人間は呼吸をするのでしょう。そのなぞと呼吸器のしくみを探ってみましょう。

ページの先頭へ

閉じる

  • マルチアングル人体図鑑 〔4〕
  • マルチアングル人体図鑑 〔4〕

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中