ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • おじいちゃんのコート

  • おじいちゃんのコート

おじいちゃんのコート

  • ジム・エイルズワース/文 バーバラ・マクリントック/絵 福本友美子/訳 エイルズワース,ジム(Aylesworth,Jim)
    米国フロリダ州生まれ。オハイオ州立マイアミ大学を卒業後、株式仲買人になるが、本当にやりたいことをしようと仕事を辞めて教師になる。教室で本の力に気づき、教員を続けながら子どもの本を書く

    マクリントック,バーバラ(McClintock,Barbara)
    米国ニュージャージー州生まれ。ノースダコタ州のジェイムズタウン・カレッジで学び、19歳で絵本作家を志し、ニューヨークに移る

    福本 友美子
    公共図書館勤務を経て、現在は児童書の研究、翻訳をしている

  • ページ数
    〔32p〕
  • ISBN
    978-4-593-50579-1
  • 発売日
    2015年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • おじいちゃんの人生によりそって、たいせつに、たいせつに、たいせつにされた一着のコート。はさみでチョキチョキ、ミシンでカタカタ、針でチクチクぬったらば、コートからうわぎになり、うわぎからベストになり、さいごにのこったのは…。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 29cm
原題 原タイトル:MY GRANDFATHER’S COAT
対象年齢 小学12年生

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

「ヨセフのだいじなコート」(フレーベル館)を思い出しました。巻末を読むとやはり出典は、イディッシュ(Yiddish=アシュケナージ系ユダヤ)語の「オーバーコートをもっていた(I had a little Overcoat)」という歌をベースに作った作品だそうです。こちらの作品は、少年から青年になりたての若者が、希望に満ちて海を渡り、アメリカ移民として、たくましく生きた人生を生き生きと描いています。移民たちが、よく働き、節約し物を大切にし、そのおかげで新しい生活を築きあげることができた歴史が見えます。仕立て屋になった青年が、自分の結婚式のため縫ったコートを上着に、上着をベストに、さらには娘そして孫娘のの結婚式に締めるネクタイに、最後にはひ孫の……という風に、彼の人生と共に生き続けたコートのお話です。断捨離に励んでいる私ですが、残りの人生は〝多くを持たず大切に”を心掛けています。手元に残っているものは、思い出深いもの・質の良いものです。リフォーム・リペア、そして最近よく耳にする4R(リヒューズ・リデュース・リユース・リサイクル)は、未来の子どもたちへ大切な地球環境(資源)を渡せるようにとの現代の取り組みにピッタリな作品だと思います。(アダム&デヴさん 50代・青森県 男の子17歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • おじいちゃんのコート
  • おじいちゃんのコート

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中