ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • もうどう犬べぇべ

  • もうどう犬べぇべ

ポイント倍率

もうどう犬べぇべ

  • セアまり/文 平澤朋子/絵 セア まり
    1950年、岡山で画家の両親の元に生まれる。辻が花久保田一竹氏から友禅を習い、京都・沖縄で草木染めを学ぶ。55歳ごろまで染色家として活躍するが、網膜色素変性症という進行性の難病にかかり視覚障がい者となったため、染色の仕事ができなくなる。その後、「今日が一番見えている日」をモットーに盲導犬とともに日本全国の学校などに講演や旅行に出かけたり、スキューバダイビングやフリーダイビングにも挑戦している。2018年3月、日本で初めて開催されたフリーダイビング世界大会に参加。障がい者や小さな生き物、命あるすべてのものが生きやすい環境を願い、Cooperating Environment with Animalsの頭文字「CEA」を取り、ペンネームをセアまりにする

    平澤 朋子
    1982年生まれ。2005年武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。フリーランスのイラストレーターとして、児童書の挿絵や装画、雑誌、広告など、幅広く活躍している。大学生の頃から児童館などで子どもたちと造形あそびをはじめ、現在もお話と遊びを子どもたちに届けるユニットpipioとしても活動中

  • ページ数
    34p
  • ISBN
    978-4-593-10003-3
  • 発売日
    2018年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • べぇべは、いつもこまった顔をした犬です。でもじつは、「もうどう犬」という特別な犬なのです。ほとんど目が見えないメグは、べぇべといっしょにくらすようになって、毎日ががらりと変わりました―。盲導犬って、どんなことをするの?視覚障がい者って、どんなふうに世界が見えているの?じっさいの盲導犬ユーザーが書いた、物語を楽しみながら理解を深めることができる絵本です。

商品詳細情報

サイズ 24cm
対象年齢 小学12年生
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

べぇべは、いつもこまった顔をした犬です。でもじつは、「もうどう犬」という、特別な犬なのです。もうどう犬は、見えないひとといっしょに歩いて、目のかわりをする犬のこと。道にある障がい物をよけて、見えない人が安全に歩けるようにするのです。ほとんど目が見えないメグは、べぇべといっしょにくらすようになってから、毎日いろんなことに挑戦するようになりました……。
実際の盲導犬ユーザーが書いた絵本で、一読すると、盲導犬の仕事はなにか、ユーザーと盲導犬の関係はどんなものかなどがわかります。最後に解説つき。

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

小学校2年生の娘が一人読みしました。「盲導犬」のことが書かれている絵本で,小学校低学年の娘も真剣に読んでいました。絵本を通して,介助犬など働く動物たちを知ること,そしてそれらに出会した時にどのような行動を取るべきか,とても学ぶことの多い絵本に思いました。人と動物との絆も感じられる絵本にも思いました。(まゆみんみんさん 40代・兵庫県 女の子8歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • もうどう犬べぇべ
  • もうどう犬べぇべ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中