ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 卑弥呼 封印された女王の鏡

  • 卑弥呼 封印された女王の鏡

卑弥呼 封印された女王の鏡

  • 関裕二/〔著〕 関 裕二
    1959年生まれ。歴史作家。仏教美術に魅了され、奈良に通いつめたことをきっかけに、日本古代史を研究。以後古代をテーマに意欲的な執筆活動を続けている

  • シリーズ名
    ワニ文庫 P-272 異端の古代史 2
  • ISBN
    978-4-584-39372-7
  • 発売日
    2015年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

667 (税込:733

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「邪馬台国論争」において封印された鏡。その鏡の名は、『金銀錯嵌珠龍文鉄鏡』。大分県日田市で出土し、重要文化財として東京国立博物館に保存もされている至宝“卑弥呼の鏡”はなぜ、黙殺され続けるのか?記紀をはじめ、考古学、伝承、地形、あらゆる視点を駆使し辿りついた、邪馬台国からヤマト建国の真実。古代史最大のミステリーが今明かされる。
目次
第1章 闇に消えた卑弥呼の鏡
第2章 金銀錯嵌珠龍文鉄鏡と卑弥呼の謎
第3章 二つの邪馬台国・卑弥呼と台与の確執
第4章 邪馬台国の深層
第5章 トヨの悲劇
終章 邪馬台国とカゴメ歌

商品詳細情報

フォーマット 文庫
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 卑弥呼 封印された女王の鏡
  • 卑弥呼 封印された女王の鏡

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中